緒方監督の期待する投手陣・左の中継ぎ「キャンプで10人ぐらいは先発の候補を」高橋昂也は肘の故障で3軍スタート【元気丸】

[2019年1月 カープ関連 テレビ放送]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” にカープ緒方孝市監督が生出演。投手陣へ緒方監督が期待することとは。

緒方監督の投手陣に期待する思い

——山口・平岡・ルーキーの島内投手、1軍キャンプスタートということで、新たな力を求めたいと

緒方監督「そうですね、毎年これは思うことなんですけど、昨年と同じメンバーで同じような戦い方は絶対できないと思ってるんで、いかにまた新しい力をそこに、若い力を鍛え育てて戦力にしていくかっていうところが、また優勝のポイントになってるんで。そういった中で秋の秋季キャンプ、非常に今 名前を言われた山口・平岡、非常に良いものを見せてくれたんでね、このキャンプは期待してます」

——去年アドゥワ投手がブレイク、ああいう存在になって欲しいと

緒方監督「そうですね、また名前が出ましたけど、もちろん先発の候補としてこちらも考えてますし、シーズン中とにかく長いんで。ホント先発ピッチャーいくらでも用意しとかないと、何があるかわからないっていうことで、このキャンプで10人ぐらいは先発の順番で候補を作っておきたいなと思っております」

山本浩二さん「去年『アドゥワが面白いんですよ』って言ったじゃない?その通り良いボール投げて1軍定着した。それが今年もそういった島内とか平岡」

緒方監督「そうですね、これがホントに先発投手としてそこまで力を出してくれるかわからないですけど、間違いなく1軍レベルの球は投げてくれるんで、昨年のアドゥワみたいな形で、中で起用したりとか。もっと良いモノが出れば、またそこで先発のチャンスを与えるとか、そういった幅を持たした中で考えてます」

——佐々岡コーチが“中﨑・一岡以外、全員先発で準備させる”と

緒方監督「ホントさっき言ったように3連覇、3年連続優勝さしてもらってますけど、これホント シーズンスタートしてもう2ヶ月も経たないうちに先発ピッチャーがもう、ローテーションのピッチャーが3人ぐらい抜けるっていうのがもう、3年連続で起こってるんですよね。だからそういった想定外のことに備えるっていうか想定しておくためにも、やはりしっかりと先発のそういう頭数っていうのは、揃えておかなくちゃいけない。それはもう佐々岡さんにもそうやって話をしてるんですけど」

山本浩二さん「今 監督言ったように1年って長いわけね。故障者あり、調子の悪い選手もいる、その代わりになれる選手をやっぱり、この時期から、2月のキャンプからそういったものをね、頭だけ入れとかないと」

左ピッチャーの中継ぎ

——年末の野村謙二郎さんとの対談で、左の中継ぎが出てきて欲しいという話があったんですが、1軍キャンプメンバーの中で日本人左腕が床田投手と塹江投手の2人

緒方監督「ホントは昨年けっこう我慢してチャンスをあげた高橋昂也っていうピッチャーがいたんですけど、ちょっとこれも肘の故障でキャンプは3軍スタートになったんで。高橋ミッキー、そして戸田、で今ここに名前のある床田・塹江、このメンバーの中でやはり最低でもホントに2人は残ってくれないと困るな、っていう思いでいます」

——キャンプ中も1軍2軍の入れ替えを考えながら

緒方監督「もちろんです。ホントに第1クールが終わって、2軍が合流してくるんですけど、もうその時点で推薦があれば。そして1軍でスタートしたメンバーでも、しっかりと体ができてない・状態が悪いと判断すれば、もう1クールが終わった時点で入れ替わりします」

開幕投手

——ある程度は決められているところ、ありますか?

緒方監督「非常に答えに困りますけど、もう昨年のある程度 活躍・そしてチーム・選手とかファンの方の信頼度とか、考えれば名前が絞られてくるとは思うんですけど、これもまたシーズン入るまでキャンプから始まって2ヶ月間、何が起こるかわからないんで、そういうキャンプそしてオープン戦の調整、そして状態をしっかりと見定めた中で、ある時期に来た時には選手にちゃんと、伝えます」

広島テレビ [27日] 進め!スポーツ元気丸 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ