谷繁さんが見るカープ今季の戦い「優勝から昨年・今年とレベルが上がってきたんじゃないかな」【Eスポ】

[2018年8月 カープ関連 テレビ放送]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” にプロ野球解説者・谷繁元信さんが出演。優勝マジック点灯目前のカープを分析する谷繁さん。

谷繁元信さんが見るカープ今季の戦い

――今日にもマジック点灯、どうですか独走ぶり

谷繁さん「ハハハ(笑) いやいや、強すぎるでしょ。広島確かにやっぱ強いんですけど、他のね、セ5球団っていうところがね、やっぱマツダスタジアムに来ての勝率がやっぱり、どのチームも悪いんですよ。広島の攻撃力っていうところはやっぱり半端じゃないです。この2年、特にやっぱり野手っていうところがレベルが相当上がりましたよね。チャンスでここっていう時に、どういうバッティングしなきゃいけないかっていうのが、個々がね、身についてるなっていうようなね、染みついてるようなそういう攻撃を最初の優勝から昨年・今年とね、やっぱりちょっとレベルが上がってきたんじゃないかなという、そういう気がします」

攻撃力の根底にあるもの

谷繁さん「ボクの見解としてはですね、やっぱり昨年まで石井琢朗バッティングコーチがいて、彼がね、彼にボク聞いたことあるんですけど、どんなことをアドバイスしてるの?っていう風に聞いたら『いや、ほとんどしてないよ。でも自分が何をやらなきゃいけないか、っていうことだけはしっかりやってくれ』と。それは言ってるとは言ってたんです。だからそこの部分が、小っちゃいものからそれがどんどんどんどんやることが、色々レベルが上がるにつれて、やれることが増えてくるわけじゃないですか。だから今その状態だと思います」

――ただヒットやホームランが多く出るだけではない

谷繁さん「じゃないです、だから点の取り方ですよね。例えばノーアウト1塁2塁、バント(のサイン)が出ないんだったらなんとか1,3塁を作るとかね、2塁3塁にバッティングの方でするとか。スコアリングポジションに行ったら、むやみやたらに強振するんじゃなくて、センターを中心に打ち返しにいくっていう、その中で確率の良いバッティングの仕方っていうものを、個々が自然にできるようになってますよね」

谷繁さん「ゲームの流れを各選手がこう読みながら、ゲームを進めていける・打席に入る準備ができるっていうね。そういうことが……ボクもね、勝ち始めたチームにいた頃って選手がみんなそんな感じだったんですよ。だからそういうことが広島の選手っていうものは今、できてるんだと思いますね」

カープ以外の5球団をどう見る

谷繁さん「よしこっから上がっていこう、っていうところがだいたい広島に落とされるチームが多いんですよ。上がってきそうなところで、広島に上から抑え込まれてるんですよ他の5球団がね」

――ではカープはゲームとシーズンの勝負どころがわかっている

谷繁さん「勝負どころっていうのはやっぱりね、勝ち始めたチームってそのチーム全体でそういう流れがわかってくるんですよね。だからちょっと自慢していいですか?我々も勝ってた時ってそういう感じだったんですよ。ここ・ここ・ここっていうポイントポイントでさらに集中力が増して、だからどっかで抜きながらどっかで上げながらしないと、1年間やっぱり保っていかないんですよね。で、その抜きどころ・上げどころっていうものが、もう今の広島のチーム自体に、もう染みついたんだと思いますね」

カープはこのまま優勝?

谷繁さん「今年ですか?いくでしょ。このゲーム差で逆転されたらヤバいでしょ、それはそれで(笑)」

RCCテレビ [11日] Eタウン・SPORTS より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す