丸佳浩×野村謙二郎さんが打撃理論対談、逆方向のホームラン・出塁率・かかと体重・打撃フォームなど【元気丸】

[2018年8月 カープ関連 テレビ放送]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” で『丸佳浩×野村謙二郎スペシャル対談』が放送。高い出塁率を誇る丸、その打撃理論に迫る前監督の野村さん。

丸佳浩×野村謙二郎さんがスペシャル対談

逆方向へのホームラン

野村さん「今シーズン非常に、自分の印象からするとレフト方向へのホームランが多いだけではなくて、もう打った瞬間っていうのあるじゃない?今までとはちょっと違う手応えって」

丸「今までだったらこう、引っ張った打球で『あ、いったな』っていうのは何回かありましたけど、今年に関して言えば反対方向でも自分の中である程度こう、確信のあるホームランが増えたなっていう印象っすね。精度がやっぱり上がったのかどうかちょっとわからないですけど、ホントは自分の良いポイントってのがちょっとずつわかってきてる感じは、ありますね」

丸「ネクストからバッターボックスに向かうまでスゴい考えてても、いざバッターボックス立って構えたら、やっぱブレる時ってのが、出てきちゃったんですけど。今年はそういったブレるってのはあんまないんで」

出塁率

野村さん「とにかく何年もずっと四球は多いんだけれども、2ストライクから四球になることが非常に多い。その時 意識してるのって何?」

丸「他のバッターと特別変わった意識はないと思うんですけど、当然やっぱりより引きつけ気味でいかなきゃいけないですし、その中で、元々低めはあんまり手が出ないというか(笑) 逆にそれで良い意味でガマン なってるのかなってのはあるんですけど、低めに関してはやっぱりこう、早い段階からそうですけど、なんとかガマンっていうのはスゴい意識してるとこですかね」

【次ページへ】 かかと体重の不振~ヒッチを入れる打撃フォームへ

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す