現役時代に3連覇を2度経験、鈴木尚広さんが見るカープ&緒方監督の采配【Eスポ】

[2018年9月 カープ関連 テレビ放送]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” に元巨人・プロ野球解説者の鈴木尚広さんが出演。現役時代3連覇2度を経験している鈴木さんが見るカープ3連覇とは。

3連覇を2度経験、鈴木尚広さんが見るカープ&緒方采配

鈴木さん「勝ち続けるっていうのは非常に難しいです。そしてやはり常にチーム状態がいいわけではないですよね。チーム状態が良ければ勝ちに繋がっていきますけど。今年言うなら交流戦大きく負け越して、その中で少し足踏みしましたけどもね、そこからこう、また息を吹き返したようにね」

緒方監督の采配

鈴木さん「あと緒方監督の采配っていうのも、少しこう厳しさも増してるようなね。思い切った采配を執られてるとこだと思います、それも選手も感じながらプレーしてるんじゃないでしょうかね」

――どんなところに厳しさが

鈴木さん「ダメだっていう時に潔く代える。っていうことは、代わりがいるっていうとこにも繋がってくると思うんですね。控え選手を見てもですね、非常にバラエティに富んでますし、遜色ないですね。良いチーム・強いチームっていうのはやはり良い選手が育ってる。レギュラーと控え選手の差が無いっていうところが、非常に強みだと思いますね」

鈴木さん「私も3連覇2回経験しましたけども、やはり後半戦になるとそういった人たちが活躍するんですよね。そういった強さっていうのは、広島にもスゴく出てきてると思いますね」

勝ち続ける秘訣

鈴木さん「やはり個人スポーツでもあり、団体スポーツでもあるので、カバー力っていうのが連覇には必要ですよね。投打っていうところでカバーし合う・助け合うっていうところの差が出てきてるかなと。共存し合って共有し合って戦ってる」

鈴木さん「やはり総合力が出てきたなっていうのは、良い時だけ勝ち続けるんじゃなくて、弱い時に勝てるのがホントの強さだと思うんですね。そういったところが広島にも出てきますし、そういった若い選手が出続けることで、そこが浸透していく。ですから巨人OBからすると、この先の広島はとても怖いです」

3連覇で1番大変なこと

鈴木さん「追われるのが1番つらいですね。このゲーム差になってくると、1番避けておくべきなのはやっぱ連敗です、連敗ですし2勝1敗、1つ1つ自分たちの戦い。1番怖いのは慢心ですよ。10ゲーム差以上開くとですね、前半の10ゲームと後半の10ゲームって非常に重みも全然違いますし。まぁ慢心さえなければ、私は十分もう3連覇に近いことはなってくるとは思うんですけどね」

RCCテレビ [1日] Eタウン・SPORTS より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す