引退表明の新井さんを語る大野豊さん「カープが強くなったのも、戻ってきた4年間があったから……」

[2018年9月 カープ関連 テレビ放送]

6日、カープ×阪神 公式戦(マツダスタジアム)。テレビ解説を務める大野豊さんが、引退表明の新井さんを語る場面。

引退表明の新井さんを大野豊さんが語る

大野さん「この時期に、となると皆さん驚かれたと思いますけどね。そういう時期がきたのかなという感じもしますしね、ちょっと残念で寂しい思いもしますよね」

――大野さんにとって新井選手とは

大野さん「私が引退したのが1998年、その年に新井がドラフト6位でカープに指名されたんですよね。で、99年コーチとして1年間やりましたけど、当時の彼を見た時に、まずスローイングもできなかったということでね、自主トレで『大野練習場の方までスローイングを見てください』ということを言われて、スローイングを教えに行きましたからね、そこからですよ」

大野さん「ホント当時 彼には失礼でしょうけどね、まさかここまで長く2,00本も打てる選手になるとは、ホント思いませんでした。ただ、体は強かったです。練習も非常に厳しい練習を耐えて乗り越えて、がむしゃらにやってきた選手、辞めるまでその気持ちは変わらなかったと思いますね」

――新井選手本人の言葉にもありましたが“まさか4年間もやれるとは”と、私たちもカープに戻ってきてからの活躍はスゴく印象に残りましたよね

大野さん「やはり活躍もそうですし、彼の存在感。あと若い選手に与える影響力というのはね、非常に大きかったと思いますよね。今こうしてカープが強くなったのも、ホント新井が戻ってきた4年間があったから、っていうのも当然あるでしょうしね。それにしても爽やかというか清々しい引退記者会見でしたね😊」

――球場にも背番号25のユニフォームを着たファンがまた多くなった印象、売店に特設コーナーが作られて、どさっと無くなっていくという話も

大野さん「やはり引退という話を聞くとね、やっぱり新井の着てるユニフォームなり、何か皆さんファンの人が欲しい思いは当然あるし、またホントにみんなから愛されたというかね、それだけのことをやってきた選手だと思いますね」

――新井選手本人は“25番のユニフォームを着てくれている人たちを今シーズン、なかなか喜ばせることができなくて悲しませてしまっている。それが本当に心苦しくて申し訳ない”と

大野さん「自分のことも思いつつやはりチームのことを、また今は若い選手のことを思ってのね、引退記者会見というか。そういうコメントもありましたしね、そういう彼の思いというか、野球観というのを今の若い選手は引き継いでね、さらに頑張って欲しいなと思いますね」

――野村投手が“やっぱり新井さんと黒田さんが来てチームが変わった。あれだけのキャリアを持ってベテランの人たちが一切手を抜かない、あれだけの人があれだけのことをやってるんだから、若い自分たちは手を抜けないよな、ということでチームが変わったんです”と

大野さん「黒田にしても新井にしても、投手野手の存在感のある中で、今の若い人たちに非常に大きな手本になったと思うし、やはり彼らがいたことによってホント若い人たちはね、良い経験・勉強ができたと思いますよね。今それを力に活かして選手は成長してきてるな、という感じはしますよね」

NHK-BS1 [6日] プロ野球「広島」対「阪神」 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

1件のコメント


  1. 大野さん、流石に素敵なコメントですね。
    新井さん、本当にありがとう👍🎶😆❗✨

    返信

コメントを残す