前田智徳さんが語るカープの強さ、フォームを変えた野間・ファンの声援【報ステ】

[2018年9月 カープ関連 テレビ放送]

テレビ朝日系 “報道ステーション” にカープOB・プロ野球解説者の前田智徳さんが出演。リーグ3連覇間近のカープ、その強さを解説。

前田智徳さんが語るカープの強さの理由

――やっぱり強いですね

前田さん「今年も独走してね、優勝へ向かってマジック4まできてますけれどもね。ただ今年はね、ちょっと違ったところが見られたんですよね。実は去年とは攻撃のパターンが、少し機能してない部分があったんですよね」

――カープの攻撃といえばタナキクマル

前田さん「今シーズンは中盤以降、このタナキクっていうところがね、なかなか調子が上がってこなかったんですよね」

1番・野間峻祥

前田さん「この野間選手が出てきたんですよね」

野間峻祥のインタビュー

――優勝目前、今の心境は

野間「あんまりこう、実感がないといいますか、優勝してみないとわかんないかなっていうのは」

成長の理由

野間「ある程度こう、今まで簡単に終わってたところが、ファウルで逃げれたり粘りっていう部分が、ちょっとずつ出てきてるのかなっていう」

――バッティングフォーム、昨シーズンと比べて何を変えた?

野間「タイミングもちょっと、足を上げるのをちょっと小っちゃくして。去年けっこう上げてます、早く取っちゃうと、残りすぎて振れなかったり、逆に頭が先に出てボール球振っちゃったりっていうのがあったんで」

野間「もっとしっかり前に乗って、ポーンっていう感じで。長く見れるようになったというか、こっち(内角)の球も逃げれたりはするようになったかなっていうのは思ってます」

【次ページへ】 前田さんが見る野間

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す