カープ投手陣を支える守護神・中﨑翔太、エース・大瀬良大地【Eスポ】

[2018年9月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” でカープ中﨑翔太&大瀬良大地投手のインタビューが放送。今季の投手陣を支える守護神とエースの思い。

カープ投手陣を支えるエース&守護神

中﨑翔太

中﨑「やっぱり毎試合毎試合が大事になってくるんで、ホントに毎日が勝負だと思ってましたし、今もそうでですけど。そのためには毎日 体のコンディションも含めて調子だとかも、上下動があったらダメなので、それを一定に刺せるために私生活でも毎日同じリズムで、っていう心がけではいますね」

中﨑「ブルペンに6人7人いますけど、ホントに誰にも負けたくないという気持ちも毎日持ってましたし、2試合3試合打たれたらもうその場所を剥奪されて、っていう風には思ってましたし」

中﨑「その分 毎日必死になれたというか、責任感というか、そういった気持ちもありましたね」

大瀬良大地

大瀬良「ちょっとマイナーチェンジというか、もう少しシュートを覚えてみようかなとか、そういったところで勝負してみようかなって思いもあったんですけど、でもやっぱり軸になるボールがないと苦しいなって」

大瀬良「結局困った時には自分の手元に自信のあるボールが残ってないと、やっぱ勝負にならないなと思ったので、やっぱり真っ直ぐあってこそのピッチングスタイルだっていう風には思ったので、もう根本的にフォームから真っ直ぐの質から、いろんなところに手を加えてチャレンジしてみようっていう風に思いました」

大瀬良「ボクにとってターニングポイントになる年だと思っていたので、そのちょうど差し掛かるオフの時に、こういった形でホントに巡り合わせてくださった黒田さん、石原さんもそうですけど、そしてまたそういった理論をボクに教えてくれた手塚さんたちにホントに感謝してますし、まだまだこれからどんどんどんどん成績を伸ばしていくことで、また形として感謝を伝えられるかなと思うので、頑張りたいと思ってます」

RCCテレビ [22日] Eタウン・SPORTS より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す