【日刊】2014.07.22 堂林先頭弾、廣瀬代打弾、エル連発、丸勝ち越し弾、打ち勝つ。 カープvsヤクルト [83試合目]

ヤクルト先発 八木、広島先発 バリントンで試合開始。

初回先頭の堂林、10球粘ってプロ入り初の先頭打者ホームランでカープが先制、素晴らしい1番打者っぷり。

4回には2アウトから梵・小窪・會澤の3連打で1点追加。

順調に思われたんですがその裏、四球からヒット・ホームランでバリントンが3点を失い逆転を許す。

続く5回にもバリントンは失点し、2-4 でゲーム後半へ。

7回、代打廣瀬のソロホームランで1点差としたカープはリリーフ一岡を送り込む。

一軍復帰登板の一岡が無失点に抑えると8回、エルドレッド!

前日ホームランを打ったカーペンターからまたも!31号ソロホームランで同点に追いつき、試合はそのまま今季負け無しの延長へ。

延長10回に入って先頭菊池が2ベース、続く丸!!

ライトスタンドへ勝ち越しの2ラン!!そしてエルドレッド、連発の32号ソロ

ミコライオがきっちり締めて見事な逆転勝ち。

チーム12345678910  計
広島カープ10010011037
ヤクルト0003100004

~ここまで試合概要~

 

先発 バリントン

6回 94球、被安打6 (被本塁打1)、与四死球2、失点4 (自責4)  。

ピリッとしませんねぇ。

制球が今年はずっと悪いまま。

他に彼よりいい先発がいるわけでもないので、なんとか持ち直して欲しい。

 

リリーフ陣

一岡…1回 17球、被安打1、与四死球0、失点0 (自責0)
永川…1回 11球、被安打0、与四死球0、失点0 (自責0)
中田…1回 11球、被安打1、与四死球0、失点0 (自責0)
ミコライオ…1回 13球、被安打0、与四死球1、失点0 (自責0)

一軍復帰登板の一岡くん、しっかり跳びはねておりヒット1本許した物の上々の無失点。

他のリリーフ陣も無失点で切り抜け、抜群の安定感を誇る中継ぎの復活を思わせました。

 

打撃陣

7番に打順を上げた好調の會澤は6試合連続ヒット。

堂林・菊池・丸・エルドレッドの上位打線が揃ってマルチヒット。

これは強い、打のチームですわ。

ちなみに、カープのチーム本塁打が100本を突破しました。

 

総評

よく追いつき、勝ち越しました。

明日7月23日の先発は前回登板でプロ初勝利の戸田くん、カード勝ち越し頼むで!

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ