来季の現役続行が決定、赤松真人「多くの人を勇気づけたい、現役続行を決めたいちばんの理由」

[2018年10月 カープ関連 テレビ放送]

NHK広島 “ひろしまニュース845” でカープ赤松真人選手のニュースが放送。来季の現役続行を決め、「多くの人を勇気づけたい」と赤松。

来季の現役続行が決定、赤松真人

――36歳の赤松選手は、チームが25年ぶりのリーグ優勝を果たしたおととしのオフに胃がんが発覚し、手術で胃の半分を切除したあと、抗がん剤治療などを経てことし2シーズンぶりに実戦復帰しました。今シーズン、1軍での出場はありませんでしたが、抗がん剤治療の副作用とみられる症状で、手足にしびれが残る中、2軍のウエスタンリーグの55試合に出場しました。そして、ホームラン1本、打率2割3分7厘の成績を残したほか、持ち味の俊足を生かして5つの盗塁を決め、復活への一歩を刻みました

――赤松選手について球団幹部は“復帰1年目の結果を評価するとともに、彼の姿は病気に苦しむ人たちの支えとなり、大きな影響を与えた。当然、競争の世界だが、1軍復帰を後押ししたい”として、来シーズンも契約を結ぶことを決めました

――赤松選手は“手足のしびれと一生つきあわないといけない中、今シーズンは納得できないプレーもあったが、いいところも見せられた。来シーズン、1軍で元気なプレーを見せて多くの人を勇気づけたいという気持ちが現役続行を決めたいちばんの理由だった”と話していました

NHK広島 [2日] ひろしまニュース845 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す