丸佳浩×野村謙二郎さん対談、ホームラン増加の要因・丸ノートの内容・CSへ【広テレ特番】

[2018年10月 カープ関連 テレビ放送]

広島テレビの特番 “球団史上初のリーグ3連覇!強いカープの秘密を大追跡SP” で丸佳浩×野村謙二郎スペシャル対談が放送。ホームランが増加した理由や、試合中に丸がノートへ書いていることとは。

丸佳浩×育ての親・野村謙二郎さん対談

過去2年の優勝との違い

野村さん「16年17年と連覇してきた中で、今年の優勝っていうのはどういう」

丸「2017年CSで負けたっていう、悔しかったんですけど良い経験ができたおかげで、1番上の日本一っていう目標が、よりチーム全体が強い意識を持ってそこに向かってこう、シーズン戦ってきたので。球団初の3連覇することができて、スゴい嬉しかったんですけど、やっぱりこう、あんまり満足感っていうのはまだないんですよね」

ホームラン増加の要因

野村さん「ホームランが自己ベスト、これをした・こういう考えを持ったから・こういう練習をしたから、色んな要素がある中で、何か」

丸「ボクも正直、なんでだろうなってずっと考えてるんですけど、やっぱり技術的なこととかは、あんまりボクそこまでこう、格段に跳ね上がったわけではないと思ってて。そうなるとやっぱり考え方ってのがボクの中で1番の要因なのかなと思うんですけど」

丸「バッターボックスまでしっかり考えをこう、ある程度まとめてて、じゃあバッターボックス入って、構えて……ってなった時に、冷静に見てれば、そんなまともに来ないだろうっていう局面でも、もしかしたら真っ直ぐが甘いとこに来た時に後悔したくない、と思ってちょっとこう」

野村さん「疑うんだよね」

丸「そうなんですよ、はい」

丸「今年はホントに、ネクストまでまとめてた考えを、そのまま打席でそのままいけるようになってきてるっていうのが増えてる。元々、練習とかだったらある程度もうみんな捉えれば、スタンドインはするわけじゃないですか。それがいかに試合の中で確率良くできるかっていう話であって、それが今年は考えを持った中で、それがそのまま打席で、高い確率でその気持ちをブレずにいけてるおかげで、良いスイングができて、良いコンタクトができてるのかなってボクの中では思ってます」

【次ページへ】 丸がノートに書くこと

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す