特番の未公開トーク丸佳浩×野村謙二郎、タナキクマル解体の心境など【元気丸】

[2018年10月 カープ関連 テレビ放送]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” で丸佳浩×野村謙二郎スペシャル対談が放送。6日の特番に入りきらなかったという未公開トーク。

丸佳浩×野村謙二郎 対談、特番の未公開トーク

野村さん「今日の試合は大事だぞっていう試合が、今シーズンもあったし過去の優勝の中でもターニングポイントになるゲームってあったと思うんだけど、そん時にやっぱり力むじゃない?」

丸「はい、2016年で言ったら石井琢朗コーチが打撃コーチに就任されて、常々言ってたのは『心は熱く頭は冷静に』っていう風に常に言われてて、やっぱり試合にしっかり入ってく中で、でも一歩引いて自分・周りを見れる自分を作りなさいということを意識しなさい、って言われてたので」

野村さん「実際グラウンドに出て、それむちゃくちゃ難しい」

丸「難しいっすね、やっぱり」

野村さん「シチュエーションがあるじゃない、ランナー2,3塁もしくは満塁、これ打ったらってう時に冷静になるってスゴく難しい」

丸「難しいっすやっぱり、でもそこでもやっぱりホントに、極端な話で言ったら、ノーアウト満塁で内野ゴロゲッツーでも打点も付かないですし、バッターからしたら。得点圏打率も下がりますけど、でも1点は入る。それでも、それでもいいっていう風に石井コーチ言ってくれてたんで。そこはもうホントにボクらバッターからしたらスゴい楽でしたね」

野村さん「1打席目の中のストーリーがあるじゃない、1球目中突っ込まれました、はいこの1球だけだよって思う時もあるし、四球覚悟のインコース突いてくるっていう時もあるじゃない。それが1打席のストーリーが、4打席の中で考えられるようになったっていうことね」

丸「そうですね、ここはもうホームラン打たれても別に同点にもいかないから、逆に意識付けの打席で突っ込んでくるだろう」

野村さん「4打席の中のこの打席は、後の打席のためにインサイドを」

丸「はい、布石の打席っていうか、そういう打席の時は逆に、ポイント前にして狙う時もありますし、そういうのをホントにはっきりこう、できてきてるというか、それがブレずにできてるのかなと思うんですけどね」

野村さん「ということは今の考えからすると、ルーキーのピッチャーとか初対戦のピッチャーとか困るよな」

丸「めちゃめちゃ嫌いです😊」

野村さん「みんなそうだよな、だから初対戦っていうのはみんな戸惑う」

丸「やっぱ難しい部分が多いっすね。なるべく他の見てた選手だったりとか、コーチに聞いたりして1打席1打席整理してるつもりなんですけど、まぁ難しいっすね、やっぱ初対戦とかは」

【次ページへ】 解体されたタナキクマル

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す