カープのドラフト1位・小園海斗「ファンに愛され球団を代表するような選手に」緒方監督「中軸を打てるぐらいの選手に」

[2018年10月 カープ関連 テレビ放送]

NHK広島 “ひろしまニュース845” でカープのドラフト会議結果が放送。1位指名 報徳学園・小園海斗選手と緒方監督のコメント。

カープのドラフト1位・小園海斗と緒方監督のコメント

――兵庫の報徳学園の小園海斗選手は2年生から18歳以下の日本代表に選ばれた右投げ左打ちの内野手です。俊足に加え、強肩を生かした守備範囲の広さが光り、走攻守、三拍子そろったショートとして高い評価を受けています。広角に打ち分けるバッティングセンスを持っていてことし夏の甲子園では1試合で3本のツーベースを打つなど、8年ぶりのベスト8に貢献しました

小園「プロの世界でも日本を代表するようなショートになって、ファンに愛されそして球団を代表するような選手になりたいなと思っています」

緒方監督「三拍子揃った、そして次の世代のね、チームの主力選手・中心としてやってくれる能力が非常に高い選手だという評価だったんで、ホントに中軸を打てるぐらいのね、選手に将来なってほしいなと、そういう風な気持ちでいます。1日でも早く会える日を楽しみにしてます」

NHK広島 [25日] ひろしまニュース845 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

1件のコメント

コメントを残す