試合後の鈴木誠也、敵地・福岡では「雰囲気に飲まれないように、自分たちの野球を」【S-PARK】

[2018年10月 カープ選手インタビュー]

フジテレビ系列 “S-PARK” で試合後のカープ鈴木誠也選手インタビューが放送。敵地・福岡の試合は「気負わずしっかりやっていきたい」と誠也。

試合後の鈴木誠也インタビュー

――投手陣、どんな印象でした?

誠也「出てくるピッチャー全員、球が速くて。なかなかシーズン中に見たことないスピード」

――セ・リーグにはいない感じ

誠也「やっぱり球の強さであったり、全ピッチャーほとんどが昨日の試合で見れたので、そこはスゴい良かったと思います」

――5回のタイムリー、スライダーを狙っていた感じ

誠也「1打席目2打席目はほとんど真っ直ぐで入ってってたので、変化球全然対応できていなかったので。そういう考えがキャッチャーにあるのかなと思っていたんですけど、初球甘いスライダーを見逃した時に、真っ直ぐで入ってるんじゃないかなと思っていたと思うんで、変化球っていうのは頭にあったんで」

敵地3連戦

誠也「完全アウェーの中で試合やると思うので、その雰囲気に飲まれないように、自分たちの野球っていうのをしっかりやっていければ、良い試合ができると思うので、気負わずしっかりやっていきたいなと思います」

フジテレビ系列 [28日] S-PARK より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す