ケガから復帰、開幕ローテーションを目指す床田「来年戦力になれるように、このオフからしっかり取り組む」体重はケガ前より7kg増加【フロントドア】

[2018年11月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ床田寛樹投手のインタビューが放送。ケガから復帰し「もう1回 開幕ローテーションに」と意気込む床田。

ケガから復帰、開幕ローテーションを目指す床田寛樹インタビュー

床田「投げれなかったんで、投げたいっていうのもあったんですけど。あとは投げれるまでに今までが細かったんで、ちょっとでも身体を大きくして復帰できたらいいかな、とは思ってやってました」

1年半で体重7kg増加

床田「球が強くなったというか、球の質が良くなった感じは自分ではあります」

秋季キャンプでの課題

床田「今まで左バッターのインコースに攻めきれずに外ばっかりになって、合わせられるということがシーズンの最後の方にあったんで。そこでしっかりと内を投げれば、幅が広がるっていうのを言われたので」

床田「左バッターのインコースに、真っ直ぐとかツーシームとか練習してるんですけど、それをしっかり精度よく投げ分けるっていうのをテーマにやってます」

【次ページへ】 床田が来季にかける思い

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す