来季へ向け新球種に挑戦も、永川「歳は上ですけど、下から突き上げていけるように」【Eスポ】

[2018年11月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” でカープ永川勝浩投手のインタビューが放送。「昔に戻りたいとかっていう気はもう今 さらさらない」と永川。

来季へ向け新球種に挑戦も、永川勝浩

永川「普通にジョギングする時も音楽とか聴かずに、そういうことを何にも聴かずに、頭ん中でいろんなことを考えながら走るっていうのが好きで」

6月7日 743日ぶりの1軍登板

永川「普段の試合と特に変わりはないですけど、やっぱり緊張しましたね😊 負け試合ですけど、やっぱり自分としてはこの先 前に進むためには大事な登板だったので、そういう意味で昔とは違った緊張感を持ちながら投げました」

球速147km/hをマーク

永川「周りから見てる人からすれば、球速っていうのはスゴく大事なことだと思いますし、自分の感覚とは少し違うところはありますけど、周りの人たちからも球速が出てる、っていうだけでまだやれるっていう風に思われるのであれば、そこは必要なことだと思いますし、その数字には意味があると思います」

投球フォームの変化

永川「バッターからしたら嫌じゃないかっていうところからスタートしたので、バッターがあんまり嫌がった感覚がなかったので、スリークォーターにして投げた時に、そこまで嫌ではないというか。いろいろ聞いたら、それだったらもうちょっと横の方が嫌だとかそういう感じになったので、もう1つ横にしたらちょっと、元から壊れてしまいそうな気がしたので、そこでいろいろ考えましたね」

【次ページへ】 投げる意味はチームの勝利のため

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す