北別府学の週刊 GO up!ドラフト同期入団の加藤&床田【5up!】

[2018年11月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。一昨年の同期入団、加藤&床田インタビューとぺいさんの解説。

北別府学の週刊 GO up!ドラフト同期入団の加藤拓也&床田寛樹

――出てきてほしい選手たちですよね

ぺいさん「そうですね、たくさんのピッチャーがいますけども、やはり若手の底上げっていうのがね、やっぱり来年以降の勝利に繋がっていきますんで、その辺は大事だと思いますね」

加藤拓也

加藤「低めに安定して強い球が投げれるように、そのフォームをしっかり固めていくことが1番大事かなって思います」

加藤「やっぱりリリースが前にいかないと低めにいかないので、なるべく体自体 力を逃がさずにどれだけ前にリリースできるかが大事かなと思います。下半身でしっかり土台で持って行ったりとかしないとやっぱり前にも行けないので、そこは大事にしようと思います。

加藤「もともとけっこう暴れてしまったりするので、それがスゴく自分の首を絞めたりすることが多いので、安定して結果を出すために、ストライクゾーンに投げて抑えることが1番大事だと思うので、相手を抑えるためにやってることなので、しっかり抑えられるボールだったりコースだったり高さだったり、そういうことは求めてやっていけたらと思います」

ぺいさん「前で放すことは確かに正解なんですね、前で放すから低いゾーンへいくわけですから。ただなぜ前で放せないかというと、下半身が先にいっちゃうと腕が遅れてきますんで、どうしてもボール早く放さなきゃいけない、ということで高め浮いちゃう。ですから、リリースも大事なんですけど、いかに下半身をうまく使うか、やっぱり時によってはちょっと早いなというところでいかに踏ん張れるか。そういう辺りが自分のフォームでわかってくると、ある程度ボールは安定するんですよね」

【次ページへ】 床田寛樹

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す