秋季キャンプが終了、緒方監督「良い所も課題も見えたキャンプ」最後は野間が1本締め【テレビ派】

[2018年11月 カープ秋季キャンプ]

広島テレビ “テレビ派” で秋季キャンプ最終日のハイライトが放送。「良い所も課題も見えたキャンプ」とキャンプを終えた緒方監督。

秋季キャンプが終了、緒方監督「良い所も課題も見えたキャンプ」

――晴天に恵まれた日南キャンプ最終日、今日も早出練習ではキャッチャー陣が日本シリーズでポイントとなった、スローイングの強化に取り組みました

――投手陣では佐々岡コーチが期待を寄せる2年目の床田、左ヒジのケガから復帰し、体力面が課題という左腕は「ばらつきもあったが、良い球が投げられた」とツーシームを中心に30球を投げました

床田「やっぱり甘い球っていうのを1球で仕留められるんで、そこの精度をもっと上げていけたらなと思います」

――野手ではこのキャンプで外野にも挑戦している西川、今日も捕球練習を繰り返しました

西川「外野守備もやって、基本的なことはできたので、その辺はまた、春に繋がるかなっていうのは思ったんで」

――悲願の日本一へ、チーム力の底上げをテーマに臨んだ秋季キャンプ、最後は野間が締め10日間の日程を終えました

緒方監督「良い所も、そして課題も見えたキャンプでありましたが、12月1月とある意味、個人練習時間が1番力が付く時期なんでね、ここを大事に過ごした中で、2月そういう姿を見せてほしいなという風に思っています」

広島テレビ [20日] テレビ派 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す