安仁屋さんとの対談で日本シリーズを振り返る緒方監督「いろんな作戦の中で結果に繋がらなかった、自分の力不足も痛感しました」【ごぜん様さま】

[2018年11月 カープ関連 ラジオ放送]

RCCラジオ “平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま” でカープ緒方孝市監督×安仁屋宗八OBの対談が放送。日本シリーズを振り返る2人。

緒方監督×安仁屋さん対談『日本シリーズ』

安仁屋さん「まずは3連覇、おめでとうございます」

緒方監督「ありがとうございます」

安仁屋さん「日本シリーズね、残念やったですけど」

緒方監督「悔しい結果に終わってしまって、ホントにファンの期待に応えられなくて申し訳ないと思ってます」

安仁屋さん「ボクは個人的にね、福岡ドーム行ったじゃないですか、1勝はして帰ってきてくれるな~と思っとったんですけど」

緒方監督「1勝まずできれば、日本一いけるなと自分の中では思ってたんですけど、厳しい戦いになってしまいました」

安仁屋さん「ボク感じたのは、戦い方。だからカープの野球をソフトバンクにやられたんじゃないかな~いう気がして、日本シリーズちょっとこう、逆逆の追っかけになったんじゃないかな~いう気がした」

緒方監督「福岡ドームっていうのはやっぱり、球場自体ちょっと狭いし、ボールも飛ぶんで、間違いなく点は取り合いになるゲームだなと自分の中では思ってたんですよ。空中戦でどれぐらい、ホームランでどれぐらい点が入るかなっていう風な、そこが1番ある意味怖いところであって、ピッチャーとしてはしっかりそういう大量点を取られないために、四球とか、守備で言えばエラーとかそういう無駄なランナーを出さずに、いかに1人1人のバッターを抑えていくかがポイントだなと思ってたんですけど」

緒方監督「ドームに行ってからの初戦、いきなりやっぱりホームランで岡田が打たれて3点が入って、大きくビハインドゲームになってしまったんでね。ただその後の攻撃っていうのはやはり野手がシーズン中同様の攻撃で、諦めることなく安部の満塁ホームランがあり1点差までいってね、やはり攻撃力も投手力も、ソフトバンクには引けを取ってないな、良い勝負できるなっていう初戦の戦いができたもんで、なんとか次2戦目3戦目で1勝を、っていうところでいきたかったんですけどね」

緒方監督「ただホントに振り返ってみれば、相手の良い所っていうか、とにかく守備の固さですよね。もちろん特にキャッチャーの抜群の肩で機動力を封じ込められたっていうのはもちろん、1つの大きなポイントにはなったんですけど、それ以前に内野守備にしても外野守備にしても、広島ではちょっと相手チームの方にミスがあったんですけど、福岡でゼロですからね。隙の無いホントに守備をやられたんで」

緒方監督「ただこれはある意味、ボクが監督に就任してカープの戦いというのをする上で、やはり投手を中心とした守り勝つ野球っていうのを掲げてずっとやってきましたからね。もう相手に守り勝つ野球をやられたなと、特に福岡での3連戦はそういう風に感じました」

安仁屋さん「外野の連携プレーにしても、抜群に良かったし」

緒方監督「もうあれしかアウトにできないというプレーをやりましたし、タイムリーヒットで追加点が入る、っていうとこでライトの上林くんのね、ホームに性格なスローで、それもセカンドランナー安部だったですからね。間違いなくあそこ2点目が入った、と思った瞬間にやられたプレーだったんで、やはり攻撃でホントに良い攻撃してこっちに流れを持ってこれそうなところで、相手にそれをしっかり止められた」

緒方監督「やはりそれが流れを引き寄せれないまま、ゲームを進んでいった中で、相手がパッと追いついてきた、ひっくり返されたっていうゲームになってしまったんで。僅差の中で紙一重の戦いだったんですけど、やっぱり相手の力が上回れたなと、そういう感じはしました」

安仁屋さん「菊池が1塁ランナーで丸の右中間、二塁打でホームタッチアウトもあったしね。やっぱりそういう面ではカープがやる野球を、やられたいう感じですね」

【次ページへ】 安仁屋さんが悔しかったこと

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ