安仁屋さんとの対談で日本シリーズを振り返る緒方監督「いろんな作戦の中で結果に繋がらなかった、自分の力不足も痛感しました」【ごぜん様さま】

安仁屋さんが悔しかったこと

安仁屋さん「それともう1つボク悔しかったのが、盗塁アウトはいいんすけど、何回挑戦しても。カープがエンドラン、やってないんですよね。で、向こうはエンドランやって、決められましたよね」

緒方監督「福岡ドームでも1回ありましたし、最後マツダでもやられましたけどね。もちろんそれも作戦の中に入れてるんですよ、ただ単に機動力・盗塁をよく刺されたっていうところでの勝負でももちろんやられたんですけど、細かいことはまだ来シーズンも作戦上使うことで、詳しくは言えないですけど、もちろん盗塁だけが作戦じゃないわけであって、そこの中にヒットエンドランっていうのももちろん、作戦にありますし、ただこのカウントではストライクを投げてくるから、走らせてランエンドヒットっていう形もあるわけですし」

緒方監督「またその中で相手ピッチャーのクイックタイムの速度も十分勝負する、その中でカウントによったら変化球使いがここは来るから、スタートを切らす、クイックタイムが相手投手が速いんで、それ以前にピッチャーが足上がる前にスタートを切らす。いろんな作戦を使ってるんですよ、エンドランエンドランっていうのは1つの作戦でもちろんそれも試みてはいるんですけど、それも失敗に終わってますし」

緒方監督「そういった中で最後にコメントは出したんですけど、自分の中でもっと研究して、大胆に、そういう作戦も1つ使えればいいし、もしくは、相手も機動力っていうのを警戒してくる中で、でも投手はストライクを投げなくちゃいけないんで、しっかりそこでバッターとの勝負に切り替えると、それも1つの作戦だし」

緒方監督「いろんなそういう作戦の中で、やはり結果に繋がらなかったっていうのは自分のやっぱり力不足っていうのももちろん痛感しましたし、またそれはこの悔しさ・失敗の経験っていうのをまた来シーズン、シーズンもしくはそういう短期決戦に向けて、自分の中でしっかりとまたやっていく1つの課題だなという反省もしてます」

緒方監督「あの大舞台での経験っていうのはホントに、なかなかできるものじゃないんで、選手にとってもそして自分自身にとっても、コーチにしてもスタッフにしても、あの経験っていうのをホントに、まず経験できたことに多きな喜びを感じてますし。またその中で得られた経験っていうのもありますい、またそれを活かす来年のシーズンにしなくちゃいけないなと、自分の中でもホントに思ってます」

RCCラジオ [26日] 平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ