安仁屋さんとの対談“投手陣” 緒方監督「1番嬉しく思ったのは大瀬良」【ごぜん様さま】

[2018年11月 カープ関連 ラジオ放送]

RCCラジオ “平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま” でカープ緒方孝市監督×安仁屋宗八OBの対談が放送。今季の投手陣を振り返る緒方監督。

緒方監督×安仁屋さん対談『投手陣』

安仁屋さん「今年、よく頑張ってくれた投手、挙げたら?」

緒方監督「これはもう安仁屋さんが1番心配どころでもあるところでね、3年間続けてまた臨時コーチしていただいて、その成果がこうやって3連覇という形になって、ホントに感謝していますけど」

緒方監督「やはり1番嬉しく思ったのは大瀬良が、今年チームの中心、エース級の働きをしてくれてね、年間通してまずはしっかりと投げてくれましたからね。途中やっぱり肩とか肘とか、そういう不安要素もあったんですけど、1年間頑張ってくれたことが非常に我々にとっても嬉しいし、本人にとっても自信になったと思います。最多勝の15勝挙げてくれて、ホントに優勝にまず大きな要因の1つだと思いますし」

緒方監督「それに引っ張られるように、ジョンソンも今年二桁挙げてくれましたしね。あと先発投手で言えば岡田、野村、そして九里。この九里がやっぱり大瀬良と同期で入りましたからね。そういったところでやっぱり負けるもんか、っていうそういうところもマウンドで見える部分もありましたよ」

安仁屋さん「やっぱり口には出さんにしても、心の中でライバル意識持って戦ったのが、ボクは結果が出たんじゃないかなと思うんですね」

緒方監督「そういう部分はあると思います」

安仁屋さん「先発はあれですけど、中継ぎで前半はアドゥワ」

緒方監督「ね、アドゥワがホントに高卒2年目で、期待は大きかったんですけど、シーズン入ってからどれぐらい頑張れるかな、夏場ぐらいまでかな、夏場ぐらいまで逆に頑張ってくれたら、十分チームとしては助かるな、と思いながら彼をずっと見てたんですけど。なんのことはない、シーズン最後までホントに頑張ってくれて、ホントにチームのそういった大事な部分のところで、1年活躍してくれて多きな戦力になってくれました」

安仁屋さん「アドゥワがちょっと疲れが出てきて、フランスアが出てきたすよね」

緒方監督「フランスアね、最初交流戦ぐらいからちょっと先発の投手が足らなくなって、ファームでスゴい内容の良いものを残してるよっていう、そういう2軍監督から報告受けた中で、じゃあちょっと先発のチャンスをあげようって言って、先発をさしたのが最初の始まりですけど」

緒方監督「悪くはなかったんですけどね、やはりいろんな経験不足の中、バッターとの駆け引き的なものがね、見えない中 試行錯誤はしたんですけど。これがまたちょっと、1回2軍に落として短いイニングを投げてくれっていうところで投げさしたら、思いきって腕振って良いボールをどんどんどんどん投げてくれるんで、これはもう中継ぎで配置転換した中で、良い結果をずっと残してくれた」

緒方監督「これがまた最後はもう、8回を、セットアッパー的なところを任せれるところまで頑張ってくれたので、これまたこのフランスアの存在がなければ、ホントにシーズンの優勝ってどうなってたかなっていうね、思うぐらい救世主的な存在だったんで、ホントに大きかったです彼の頑張りは」

RCCラジオ [26日] 平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す