安仁屋さんとの対談“野手陣” 緒方監督「(野間)正直ここまで数字残してくれるとは思わなかった」【ごぜん様さま】

[2018年11月 カープ関連 ラジオ放送]

RCCラジオ “平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま” でカープ緒方孝市監督×安仁屋宗八OBの対談が放送。今季の野手陣を振り返る緒方監督。

緒方監督×安仁屋さん対談『野手陣』

安仁屋さん「野手で言うたら鈴木誠也、ね。若い選手が4番」

緒方監督「開幕から4番として、シーズン当初はやっぱり昨年のケガの影響、そういったところの部分があって、万全ではなかったんですけど、4番打者としてシーズン中盤ぐらいからものスゴい成長を感じました。で、最後のクライマックス・日本シリーズでの活躍。やはり今年1年間の成長はめざましいものであったと思います」

安仁屋さん「それとやっぱり丸が休んどる間の、野間」

緒方監督「若手の活躍から言えばそこですね。正直ここまで数字残してくれるとは思わなかったですね。ただ、やっぱり本人ももう今年で4年目になりますし、ある意味もう危機感持った中で、丸が抜けて、これはもう自分の中でチャンスだと思ったと思うんですよ」

緒方監督「で、なんとかこのチャンスを掴むんだってそういう気持ちで、必死になって1試合1試合1打席1打席やった結果がそこでついてきて、それが少しずつ彼の自信になって、そっから成績がグッと落ちることがなかったんですよね。ちょっと悪い時期でもすぐ元に状態を上げて戻した。やっぱそこが彼の成長だと思うところだし、やはり野間はホントの意味で来シーズン、レギュラーを懸けて、絶対勝ち取るんだって意味の、来シーズンのまた今度大事なシーズンになると思うんで。またもう1回、丸と鈴木誠也っていうのを超えるぐらいの、そういう気持ちを持って、キャンプから頑張ってほしいとまた思ってます」

RCCラジオ [26日] 平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す