来季のカープ外野手争い、達川さんの見解「レフトはやっぱり松山」高橋大と岩本にも期待【フロントドア】

[2018年12月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “フロントドア” に前ソフトバンク ヘッドコーチ達川光男さんが生出演。丸が抜ける来季のカープ外野争いを解説する達川さん。

来季のカープ外野手争い、達川さんの見解

――順当に行くと野間選手がセンターに入るのかなと

達川さん「私としてはね、野間、とりあえず今年頑張ったから野間にしても、レフトはやっぱり私としては松山。ただそういう中でも野間はまだ本物じゃないですよ、私の中ではレギュラーじゃない。だからそういう中ではね、西川に外野の練習をさしたり坂倉にさしたり」

高橋大樹

達川さん「良いパワーしてるんですよドラフト1位、これは慣れたら打つと思いますよ、けっこうやると思います、守備も上手いし」

岩本貴裕

達川さん「柳田がスッポンで月が岩本 言われとったんです。岩本という選手は足も速いし。岩本をもし使うんであれば、岩本はファースト。もしファーストで使ったらファーストの守備は12球団一です、むっちゃくちゃうまいです。外野もできるんですよ、できるけどもしファーストで使えばね」

達川さん「安部を外野にもってくという手もありますし、なぜファーストが大事かと言うと、今年の日本シリーズでもそうでしたでしょ?デスパイネの当たりを菊池が大ファインプレーして、2,3塁から、ツーバン投げて後ろ抜かしましたよね。昔の野球はファーストは誰でも良かったんです、捕れれば。ファーストの守備が良いと内野が育つ。特にサード、西川とか堂林とかね、スローイングに難のある人がサードに入れる」

広島ホームテレビ [8日] フロントドア より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す