カープに加入する長野久義、里崎さんの見解「監督はじめ首脳陣は使いやすいと思います」【フロントドア】

[2019年1月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “フロントドア” でプロ野球解説者・里崎智也さんによるカープ長野久義選手の分析が放送。「カープの4連覇がグッと近付いた」と里崎さん。

カープに加入する長野久義、里崎さんの見解

里崎さん「正直思ったのは、これで広島カープの4連覇がグッと近付いたなって正直思いましたね。丸が FA で抜けて、大方の予想とすると、丸の穴は野間が埋めるっていう形になると思うんですけど。でもじゃあその野間の穴は誰が埋めるんやと言った時に、下水流・松山がレフト守ったり、あとは外国人選手っていうところが出てくると思うんですけど、それだけじゃ野間の穴はしっかり埋まりきらないですよね。そうなった時に長野と言えば今年も3割弱の高打率も残してますし、ホームランも二桁打ってますし、1年間通すと好不調の波があるとはいえ、コンスタントに入団以来しっかりとしたハイアベレージの記録を残してきてるんですよね」

里崎さん「昨年のことを言えば最後の最後、際どいところでジャイアンツが3位に滑り込めたっていうところは、長野の活躍 大きいと思うんですよね。DeNA戦のサヨナラホームラン、そして東京ドームで行われたカープとの1戦で、初めて中﨑が黒星ついたサヨナラヒット。この2つっていうのが、去年ジャイアンツが3位に滑り込めた終盤戦の中では1番の MVP じゃないかな、ってボクは考えてるんですよね。そういったところの思い切りの良さと勝負強さっていうのは、非常になかなか人が身につけたくても身につけれないスキルでもありますから、そういったところを持ってるっていうところも力強いですよね」

守備位置・打順

里崎さん「ポジションも、レフト センター ライトどこでもこなせると思うんですよね。しかも打順に関してもジャイアンツ時代、1番を打ってたこともありますし、クリーンアップ・下位打線打ったこともあるんで、たぶん今のカープに欠けるところにポンってはめ込んでも、どのところでも対応できると思うんですよ。逆に言うと監督はじめ首脳陣は使いやすいと思いますね。フィットしやすいっていうかね、これしかないっていうところがないんで」

長野の不安要素

里崎さん「長野選手はですね、聞くところによると、あんまりハードワークするではないらしいんですよね。そうなってくるとやっぱりカープといえば、ハードワークでチームを強くしていくっていうチームカラーがあるじゃないですか。しかも長野選手からすると、人的補償ではじき出されたわけですから、ジャイアンツ見とけよっていうね、内々に秘める闘志もあると思うんですよ。そういったところも考えると、キャンプから自分のスタイルに合わないようなことをして張り切りすぎると、ケガとか怖いで

す」

 

里崎さん「だから今までジャイアンツでやってきたことを軸として、あまりスタンスとしては変えない方がいいと思いますね。だからそれも周りもそこをわかった上で、あんまりカープはこうやからっていう、郷に入れば郷に従え的なのを、押しつけない方がボクはいいと思いますね。長野はもう30中盤、ベテランの域に達してますから、ここであんまりね、合わないことやりすぎて、ケガっていうところも怖いんで。自分のスタンスっていうのは極力変えないようにしてもらいたいな、っていう個人的な考えはありますね」

 

広島ホームテレビ [12日] フロントドア より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ