北別府学の週刊 GO up!左腕の床田&10年目・堂林【5up!】

[2019年1月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。ぺいさんが床田と堂林に注目。

北別府学の週刊 GO up!左腕・床田寛樹&10年目・堂林翔太

床田寛樹

床田「ヒジがちょっと心配だったというか、だったんで、基本はもう毎日投げて、ヒジを休ませないというか、早く馴染ませるようにっていうのを意識しながらやってました」

床田「左のインコースに投げきれないことが多いので、左のインコースにストレートとかをしっかり投げれば、幅ができると思うんで。ボクは三振とか取れるピッチャーじゃないんで、打たせて取るっていうピッチングをできればいいかなと思います」

床田「ボクの場合はブルペンでスゴい球が投げるとかできないので、実戦でしっかり低めに集めてゴロを打たすとか、そういうのを意識しながらアピールしていければと思います」

――左腕が1枚加われば先発に厚みが

ぺいさん「そうですね、一昨年 良いスタートの形で先発ローテに入ったんですけども、思わぬケガがありまして約1年半ぐらいを棒に振ったっていうことでね、そういう意味では昨年の秋から状態が良くなってきてるんでね、今年の春に、彼の気持ちっていうのはものスゴく気持ちは入ってると思うんですけども」

ぺいさん「やっぱり彼も言ってましたけども、いかにインサイドを放れるか、左バッターにですね。そのインサイドをただ放れるだけじゃなくて、ボールにする球とストライクをとる球をいかに投げ分けできるか、っていうことだと思うんですね。ですからそのボールを投げるためには、ある程度リリースポイントを一定にしなきゃいけない、そのためにはしっかりとこのキャンプで走り込んで、下半身を作るってことが大事だと思いますね」

【次ページへ】 堂林翔太

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ