キャンプ初日、セレモニー後の緒方監督「身の引き締まる思いで今日この日を迎えています」

[2019年2月 カープ日南春季キャンプ]

J SPORTS 1 “野球好き広島キャンプin日南” で第1クール初日の模様が放送。歓迎セレモニーを終えたカープ緒方孝市監督のインタビュー。

キャンプ初日、セレモニーを終えた緒方孝市監督の談話

――カープの監督として5度目の2月1日、今のお気持ちは

緒方監督「やっぱりユニフォームにこうやって袖を通すと、改めて緊張感というか、気持ちの高ぶり、身の引き締まる思いで今日この日を迎えています」

――円陣は和やかなムードもありましたが、選手の様子はいかがでしたか

緒方監督「昨日のミーティングから選手全員の表情を見て、スゴい明るい表情で、そのままの雰囲気で初日ああやって声出しから始まったなと。上本がああやって盛り上げてくれるんでね、活気ある練習になると思います」

――新人の選手たちも大きな目標を掲げていました

緒方監督「たぶん1日1日 目一杯やるだけでしょうけど、そこで力をつけてね、競争を勝ち残ってほしいなという風に思ってます」

――投手陣野手陣、それぞれどんなテーマを持って

緒方監督「自主トレからこのキャンプに入るにあたって、身体作りとか、そういう1日1日調整をしっかりと見ながら。また違った意味で若い選手は競争、今日から始まるんで、そういった若い選手の個々の力っていうのをしっかりと把握しながら、この日南キャンプそして次の沖縄キャンプの方へと繋げていきたいという風に思ってます」

――昨年までチームを引っ張ってきた選手が抜けた状況、どのような戦力の台頭に期待を

緒方監督「今年はね、2019年、新しいカープのメンバーをこのキャンプから、そしてシーズン戦いながら作り上げていくという、自分はそういう気持ちでいるんで、またその中に新しい顔ぶれがどんどん出てきてほしいなという風に思ってます」

――長野選手の名前も挙がると思うんですが

緒方監督「彼は実績もある選手ですし、ある意味チームを引っ張る存在の1人として頑張って欲しいという風に思ってます」

――ドラフト1位、高卒ながら1軍帯同の小園選手にはどんな期待を

緒方監督「まぁそうですね、すぐに戦力というところまではどうかな、という部分はあるんですけど、まずこのプロの1日目のキャンプから、いろんなことを吸収して学び、成長していってほしいという風に思います」

――第1クールは3日という日程、どんな練習をしていきたい

緒方監督「初日からチームプレーというのをメニューの中に入れてもらってますし、そういったチームプレーっていうのは選手に対してしっかりと意識を高く持って、やってほしいなという風に思ってます」

――より高い目標を達成するために、どんなことに意識を

緒方監督「3連覇はしてもやはり最後の最後で悔しい思いもしてますし、今年こそリーグ優勝そして日本一を勝ち取るシーズンにしたいなという風に思ってます」

J SPORTS 1 [1日] 野球好き広島キャンプin日南 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ