緒方監督×笘篠賢治さん対談『カープ野手陣』外野・サード争い、新加入の長野・小園・正隨

[2019年2月 カープ日南春季キャンプ]

J SPORTS 1 “野球好き広島キャンプin日南” でカープ緒方孝市監督と笘篠賢治さんの対談が放送。カープ野手陣の構想を明かす緒方監督。

緒方監督×笘篠賢治さん対談『カープ野手陣』

丸の抜けた穴

緒方監督「まずは抜けること自体、穴じゃないですか。穴になるわけで、打線の中軸でしっかり核となった選手が抜けるっていうことは、もちろん穴になるわけだし、新たな打線を、しっかり攻撃の形を、選手たちの打線を作っていきたいなという風に思ってます」

長野への期待

緒方監督「もちろん彼の加入は大きいと思います。かと言ってじゃあ、丸の抜けたそこに当てはめようとは思ってません。彼は彼の1番活きる打順っていうのをカープの打線の中の1人、どこが活きるかなと思いながら、それは実戦踏まえた中で。とはいえこちらも昨年までは敵として、ホントに嫌な選手の1人だったんでね、彼の持ち味っていうのもある程度こちらは把握してますから、彼が1番伸び伸びっていう言い方はおかしいですけど、活きる打順に組み込みたいなと」

——練習をご覧になって、いかがですか

緒方監督「もうビックリしました、これだけしっかりと練習、できるっていうか同じようなメニューをやってなくても、取り組んでやってる姿を見て、すぐへばるんじゃないかなと思ったけどしっかりと最後までやるんでね。とにかくそういう性格なんですよね、野球に取り組む姿勢っていうか、そういったものもしっかりしてますし、思った以上にね。彼のキャラクターっていうか性格なのか、馴染んだような感じでね、選手もホントに明るく笑顔でどんどんどんどん会話もコミュニケーションもとってますからね」

——敵として見てた長野と

緒方監督「ちょっとイメージ違うんですね、もうちょっと無口で寡黙に黙々とやるのかなと思ったら、そんなことなくて普通に笑顔で練習中もいろんな会話しながらコミュニケーションとって、他の選手と、若い選手とも。そういう姿を見たらちょっとイメージ違ったんですけど」

——会話は今までしたことが

緒方監督「もちろん試合前とか対戦前に、やっぱり挨拶に来てくれるんでね、その程度の会話だったんでね。今回またこれからですよね、いろんなコミュニケーションとりながら、やっていきたいという風に思いますけど」

——チームを引っ張ってくれるベテラン

緒方監督「もちろん年齢で言ってもうちのチームで言えば、野手で言えば石原、そしてその次ぐらいですかね。松山とかあそこら辺 含めた中で、あの辺の年代なんでね、そういう部分も期待はしてますけど、彼は彼のリズム・ペースでやってくれればいいし、またそれが若い選手・今のレギュラー選手にいろんなことをまた教えて、背中で伝えてくれるという風に思ってるんで、彼1人にそういう負担をかけるとは思ってないんで」

野間峻祥

——野間がセンターに、と周りは思うんですが、監督は

緒方監督「そうじゃないですよ、もちろん彼の守備能力とか身体能力考えれば、そら高いもの持ってるんで、昨年以上の成績をずっと開幕から安定して出せばもちろんレギュラーっていうとこで、もちろん1番手の候補でしょうけど、それに負けず劣らず、そのポジションを獲りにいく他の選手がギラギラした目でね、気持ちを出してきてるんでね。しっかりと同じ土俵で同じようなチャンスの中でね、どっちが掴むかなというような、そういう目線でボクは見てますけどね」

下水流昂

緒方監督「1年1年しっかり力つけてきてね、彼の持ち味っていうのはやっぱりあの長打力、これはホントに外国人選手にもひけをとらないようなね、打球の速さ・強さ・飛距離を出しますからね。守備もかなり安定したもの持ってますし」

外野争い

——坂倉もいる、西川もいる

緒方監督「そこにまだ松山がいてバティスタがいて、また長野がセンターとレフトのところでね。長野にしてもこれから適性見ながら、センターに入れるかレフトに入れるかっていうのはまぁ、これからなんでね。そこの先ほど言われた、センターとレフトのポジションっていうのは、今言っただいたいメンバーがね、誰が掴むかなっていうところですよね」

【次ページへ】 サード争い

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ