今季から1軍登録枠が28⇒29人、野村謙二郎さんが増えた枠の使い方を解説【元気丸】

[2019年3月 カープ関連 テレビ放送]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” にカープ前監督・プロ野球解説者の野村謙二郎さんが出演。今季から1人増える1軍登録枠、野村さんが解説。

今季から1軍登録枠が28⇒29人、野村謙二郎さん解説

野村さん「今ここに出ているように、登録が28から29になります。ただベンチ入りは25人。で、ベンチに28人の3人はベンチを外れてたわけですよね、そこで3人がどういう選手が外れてたかというと、先発ローテーションの、そのゲームでは投げることのない投手を、アガリという風にして、3人は外れてたんですね」

野村さん「それが4人になるってことは、先発投手を外す可能性がありますよね。ということは考えられるのは、野手の控え。代打なのか守備固めなのか、盗塁のスペシャリストを入れるのか、もしくは中継ぎ陣を入れるか、っていうことができるようになったっていうことですよね」

――チームごとに戦力を純粋にプラスして考えられるようになる、と

野村さん「そうですね、そういうことですね。今ここに出てますよね。中継ぎ投手を入れる、捕手4人制を敷くところは捕手を入れる。これはリード面を考えた捕手なのか、もしくは打つ方も代打を使える捕手なのか、っていうところ。スペシャリストっていうのは先ほど言ったように代打の切り札であったり、盗塁のスペシャリストを入れる」

野村さん「最後にあるこれはあまりね、ないかもしれないんですけども、2軍で試合に出すのではなくて、1軍に帯同さして練習も含めて1軍でコーチ陣が見ながらゲームにも使いますよ、と。レギュラーで使うっていうわけではないんですけど、そこで育成していくっていうのを考えられると思いますね」

――今のカープで言うと小園選手が入るところ?

野村さん「ん~たぶんね、スタッフがそこを言わしたくてこう、入れたんだと思うんですけれども、これはね、わからないですね。逆に小園の場合は、戦力として考える方が強いと思います、育成ではなく。当然1年目だから育成ってのもあるんですけどね、この辺はチームによっていろんな考え方があると思います」

広島テレビ [24日] 進め!スポーツ元気丸 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す