カープの不調に大野豊さん「投げるべき人が投げれてない、打つべき人が打ててない、そして守れてない」【お好みワイド】

[2019年4月 カープ関連 テレビ放送]

NHK広島 “お好みワイドひろしま” にカープOB・プロ野球解説者の大野豊さんが緊急電話出演。「まさかこういうスタートを切るとは」と大野さん。

カープの不調、大野豊さんが緊急出演

――5カード連続負け越し、今の状況をどういう風にご覧になっていますか

大野さん「まさかこういうスタートを切るとは思ってはいませんでしたけど、ただ今の数字出ましたよね。やはり投げるべき人が投げれてない、打つべき人が打ててない、そして守れてないということで、たくさん原因がありすぎるんですよね。それがチーム状態に現れてるんじゃないかと思いますね」

――要因は“皆”ということになるんですか

大野さん「そうですね、やはりやるべきことができてない、というのがやはりこの敗因に繋がってるんじゃないかと思いますね」

――まず立て直していくとしたら、どこになる

大野さん「投手陣、特に先発陣がやはり頑張るということが前提でしょうね」

クリス・ジョンソン

――ちょっと心配なのがジョンソン

大野さん「そうなんですよね、ちょっと開幕前 登板回避して思ったんですが、やはり今年のジョンソン見てますとらしくないですよね。序盤にちょっと掴まるというか失点してしまうということで、リズムに乗りきれないですよね。やはりボールのキレ・コントロール、それがちょっと甘いなと、しっかり投げ切れてないなと、そういう感じはしますね。そういう意味でボールのスピードもそうですけど、コントロールがもう一つ良くないと、いう感じがしますね」

――大瀬良投手と並びカード頭

大野さん「そうなんですよね、この5カード終わって、開幕の大瀬良で勝ちましたよね。それ以外の4カードというのは初戦全部負けてるんですよね。だからそういうところからしっかり、特に先発陣がゲームを作って、序盤をなんとか抑えて流れを作ると、いう風にしていかないといけないでしょうね」

岡田明丈

――心配ですね、なかなかストライクが入らないという

大野さん「これ1番困りますよね、前回の登板ホントにストライク入らない、これはホントに……もう技術的なことというよりもメンタル的なことでしょうね。あとフォームにも現れてますし、思いっきり投げてるんですけどボールを離すタイミングがバラバラになってるんですよね。これが岡田の1つの課題だったんですけど、ここ辺りがシーズン入っても全く解消されてないというんでしょうかね、ちょっと心配ですね」

【次ページへ】 守備・攻撃陣について

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す