緒方監督が考えるカープ日本一に必要なこと「とにかくカープの野球をやる、単純に最後まで諦めずに全力でプレーする」【久米カープ特番】

[2019年4月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビで特番 “久米宏のどうする?広島カープ” が放送。緒方監督が考える、カープの日本一に必要なこととは。

緒方監督が考えるカープ日本一に必要なこと

緒方監督「答え、ないですよ、わからないですよ、自分でもわからないです。ただ言えるのはとにかくもう、シーズンの気持ちと一緒ですけど、とにかくまずはカープの野球をするっていうことで、自分の中でまずそれができるかできないか。もうホントに1試合1試合、ペナントでもそうなんですけど、ファンの方にとにかく喜んでもらうために、お金払って観に来てもらってるわけですから、とにかくカープの野球をやる。カープの野球、単純に最後まで諦めずにどんな展開になろうとしっかりとそういう姿を見せて、全力でプレーする、これは最低限のことなんですけど」

緒方監督「その中で昔から言う機動力を活かした1点1点を取っていく、と。やはり投手もしっかりと最少失点で抑えていく、それを選手に常々 目指す野球、カープの野球をやろうぜっていう風な形で言わしてもらってるんですけど、それをまず、やる。その中で短期決戦でいろんな日本シリーズで過去3回、失敗というか負けてしまいましたけど、その経験を踏まえた中でまた、日本シリーズの戦いに挑んでいく、と。でもやるのはカープの野球です、カープの野球をやって、自分の中で自己満足かもしれないですけど、そして勝って日本一になる、と。その思いだけです」

――カープらしい野球をすればそれでいいんだ、っていう

緒方監督「とにかくもうカープの野球をやって負けたら別に悔いは残らないし、もうファンの方にも見てもらったんだし。でも結果に対しての責任はある中で、もうとにかくカープの野球をやる、それだけです」

広島ホームテレビ [22日] 久米宏のどうする?広島カープ 独占リポート150時間 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す