野手陣の要、會澤「1戦1戦カープらしい野球をやっていくだけ」野間「しつこくなんとか塁に出れれば」【イマなまっ!】

[2019年5月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “イマなまっ!” でカープ會澤翼&野間峻祥選手のインタビューが放送。「1戦1戦カープらしい野球を」と話す2選手。

野手陣の要、會澤翼&野間峻祥インタビュー

會澤翼

――バッティングではどんなことを心がけていますか

會澤「打つだけがバッティングじゃないと思っているので、なるべく後ろにつなぐっていうところは頭に置いて、打入ってます」

――ピッチャー陣を盛り立てるリード、どんなコミュニケーションを意識していますか

會澤「ん~なるべく試合に不安なく入れるように、試合前から今日のチームのことを話したりとか、普段から他愛のない会話をしたりとか、そういうとこじゃないですかね」

――今後の戦いに向けて、お願いします

會澤「1戦1戦カープらしい野球をやっていくだけだと思ってますし、それをやっていくことによって、また上の順位に行けると思っているので、必死になって1戦1戦 戦っていきたいと思ってます」

野間峻祥

――バッティングでアピールされていますが

野間「低い当たりで、相手のミスでも何でもいいんで、塁に出ることを心がけてやってます」

――山崎隆造さんから質問が届いていまして“1番の居心地はどうですか”と

野間「開幕前から1番は打ってみたいなと思ってましたし、去年も1ヶ月ぐらい打たしてもらったんですけど、難しさというかそういうのもありますけど、ボクのセールスポイントっていうか、足の部分で生かす意味でもやっぱり1番っていうのは打ってみたかったので。今やりがいというかそういうのはあります」

――1番に入って打撃面で変わったところは

野間「いや特に変わってないですけど、とにかく嫌がられるように、しつこくなんとか塁に出れればいいかなと思ってます」

――最近のチームの雰囲気は

野間「8連勝して4連敗ですか、しましたけど、そんなに雰囲気も全然悪くないですし、いつも通り1戦1戦カープらしい野球ができればいいかなと思ってます」

RCCテレビ [6日] イマなまっ! より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ