プロ初登板を果たした高卒2年目・山口「お客さんもたくさんいて、応援歌もあって、スゴく良い景色でした」【アラカー】

[2019年5月 カープ選手インタビュー]

FM広島 “キムラミチタのアラウンドカープ” でカープ山口翔投手のインタビューが放送。プロ初登板を終え、当時の気持ちを吐露する山口。

プロ初登板を果たした高卒2年目・山口翔

――1軍昇格を聞いたのはいつですか?

山口「当日の朝、登録される前日っすかね。前日の朝に言われて、いきなり。普通に練習するつもりだったのが、昼までの練習になって、そっからマツダスタジアム行けって言われて。けっこうビックリしました」

――行く道中どうでした

山口「ホントに現実なのかな?みたいな、ちょっとありましたね。ホントなのかなっていうのはずっとあって、いざこうやってみんなと居たら、あっ1軍だって」

――ナゴヤドームでの1軍初登板、教えて下さい

山口「めちゃくちゃ緊張してて、テレビとか映像観てたら、顔引きつってたなっていうのを感じて。2軍の人たちにもみんなに言われて。『顔引きつっておかしいよ』って。後は足震えすぎて、ピッチャー足上げるじゃないですか、足上げる時の軸足がブルブル震えてバランス保つのが難しかったです」

――1軍のマウンドはどんな景色でした?

山口「ドームも初めてだったんで、ドームにも慣れずに、サインもちょっと見づらかったのもあって。後はお客さんもたくさんいて、応援歌もあって、スゴく良い景色でした」

――じゃあ楽しかった?

山口「楽しかったです、また投げたいなってのも出てきましたし、もっと投げたいなってのも出てきました」

広島FM [13日] キムラミチタのアラウンドカープ より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す