引退を覚悟し臨むシーズン、諦めない赤松「最高の舞台が1軍だと思う、まず2軍で結果出さないと」【N6】

[2019年5月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “RCCニュース6” でカープ赤松真人選手のインタビューが放送。「生きることが1番になったので、今は野球が楽しい」と再起を誓う赤松。

引退を覚悟し臨むシーズン、諦めない赤松真人

赤松「自分の体的には全然何の問題もないです、野球選手としては全然ダメですけど。厳しいというかやっぱチャンスがないので、ボクばっかり試合に出るわけにもいかないですから」

赤松「だからずっと試合出てればやっぱ試合勘って戻ってくるかもしれないですけど、若い選手もスゴい良い選手がいっぱいいるので、そっちをやっぱ優先してもらった方が、ボク的にも気が楽なので」

赤松「ヨーイドンでスタート切ったらもう負けるので、ボク若い選手に、スピードもないし、肩も弱くなってるんで、守備範囲も狭いし。そういったところを何でカバーするかって言ったら、先に予測した準備であったりっていうのが、そこでまだできるスポーツだとボクは思うので。試合なかなか出てないですけど、出た時に出る前から準備して、やっていけばまだもうちょっとできるんかな?とは思いますけど」

赤松「崇司とか野間もいますし、曽根もいますし、2軍でもボクより足速い選手がほとんどなので。そういった選手を差し置いてボクが盗塁を決めてるのがまだ想像できないですよね」

ファンの存在

赤松「不安を1コ1コ取り除いてくれるようなそういう手紙ですよね。『あっそうなんだ、今 辛いけどあとちょっとしたら楽になるんだ』とか、ボクが辛かった時にいろいろ応援して頂いたので、そういった方々にやっぱり勇気をもらいましたし、ボクは」

5年生存率50%からの再起

赤松「今まではずっと野球を1番にしてたんですけど、野球1番ではなくなったので。生きることが1番になったので、今は野球が楽しいですね」

意識する恩返し、行き着く先とは

赤松「そうですね、それが最高の舞台が1軍だと思うので。そうなれるようにやっぱまず2軍で、結果出さないと」

RCCテレビ [16日] RCCニュース6 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

1件のコメント


  1. 自分は応援する事しかできんけど、赤松っちゃんが1軍のグラウンドで輝く日まで待っとるよ!
    頑張れ赤松真人!

    返信

コメントを残す