北別府学の週刊 GO up!投打のキーマン、ジョンソン&田中【5up】

[2019年5月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。復調を期待されるジョンソン&田中広輔選手をぺいさんが解説。

北別府学の週刊 GO up!投打のキーマン、ジョンソン&田中

――阪神3連戦、ヒットも多く出て噛み合って投打噛み合っていきましたね

ぺいさん「そうですね、打線が繋がるようになりましたし、先制点をとってくれるようになりましたから、やっぱりピッチャーが楽な投球ができますよね」

投のキーマン、クリス・ジョンソン

ぺいさん「やはりまだまだ本来のジョンソンではないですけども、この間もちょっとボール・ストライクでイライラしかけましたけども、そこをよく我慢してしっかりと投げましたよね」

ぺいさん「今年のジョンソンに関してはですね、やはり球数が多いということで、追い込むんですけども、このところは良くなってるんですよね、早めに追い込むんですけど、決めにいったボールが決まらない。ボールになっていって球数が多いっていうことですね。だからフルカウントまでいったりとか、そういうケースが多いし三振もやっぱり少ないんですよね。ですからやはりその辺りが、今後やっぱり改善するとこじゃないかなと思いますね」

――3試合連続6回無失点、状態は復調してきていますか?

ぺいさん「やはり勝ちが付くことによって、気持ちが変えられますんで、そういう意味ではやっぱり悪ければ悪いなりのピッチングもできてますし、それに結果が付いてきてるってことで、ジョンソン自体の気持ちは良い方向にいってるんじゃないでしょうかね」

打のキーマン、田中広輔

――昨日のバッティングはどうご覧になりましたか

ぺいさん「最初の打席はけっこうファウルで粘って、結果的にはちょっと甘いとこきたんですけども、田中らしい引っ張って振り切りましたよね」

――2打席目は初球をセンター前

ぺいさん「やはりこれですよね、田中の良い時ってのは一発で仕留める。初球からどんどん打ってくるタイプなんで、今まで状態が悪い時っていうのは空振りしてみたりとか、もうファウルになって振り遅れっていう状況が多かったですから、一発で仕留めたっていうのはやっぱり、だいぶ改善してきてるんじゃないかなと思いますね」

――先頭バッターで2度出塁、いずれも菊池選手のタイムリーでホームへ

ぺいさん「本来であれば田中が1番、2番の菊池なんですけども、やはり今8番を打ってるっていうことで、野間がちょっと昨日はあんまり良くなかったですけども、やっぱり菊池がなんとかして還そうという気持ちも強いんでしょうね。やっぱりこれが繋がるとやっぱり点に繋がってきますよね」

――このまま2人が復活ロードを歩んでいけば、チームにとっては大きいですよね

ぺいさん「もちろんですね、やっぱり状態が悪い状態でもこうやってジョンソンにも勝ちが付いてますし、田中に関しても我慢して使ってもらってますし、それでヒットも徐々に出てきてますんでね、これが復活するともっともっと強いカープになってくるんじゃないですかね」

――田中選手は1番へ、ジョンソン投手はどういうところを期待していますか

ぺいさん「やはり球数を減らして、長いイニングをね、ちょっと頑張ってくれるとリリーフ陣がだいぶ助かるんじゃないかなと思いますね」

広島ホームテレビ [20日] みみよりライブ 5up!(ごーあっぷ) より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す