北別府学の週刊 GO up!三次で好投の野村・現在中継ぎの九里【5up!】

[2019年5月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。三次で好投を見せた野村祐輔、現在は中継ぎの九里亜蓮2投手をぺいさんが解説。

北別府学の週刊 GO up!三次で好投の野村祐輔・現在中継ぎの九里

野村祐輔

——三好での登板、どこに変化があった

ぺいさん「地方に強いっていうことは本人も意識はあったと思いますね。それは好条件だったと思うんですけど、やはり勝てなかった時よりもキレが戻って来ましたよね。ですから皆さん、キレって何なのと思われますけども、手元でやっぱり伸びてくる、だから詰まるわけですよね、ファウルになったり。ですからキレが良かったので、少々甘くてもファウルも多かったですし、そういう意味では早め早めに追い込めたっていうのもあるんですね」

——逆にキレが悪い時は

ぺいさん「悪い時はどうしても自分の感覚であんまり良くないなという感覚がありますから、どうしてもコースを狙い過ぎる。それによってボールが先行してしまい、仕方なく(ストライク)取りにいくんですけども、それを狙われてしまうっていうのがありますよね」

——良いキレを持続するためには

ぺいさん「やっぱり今の状態を長く続けるっていうことと、先発の場合は投げる日以外は上がり、練習もメリハリ つけれますから。そういう中で今の状態を維持するために、ランニングを多めにしたりとか、遠投を取り入れてみたりとか、そういう練習をしていけばいいと思いますけどもね」

——他に使っていけばいい球種は

ぺいさん「野村の良い時はね、自然にタテのカーブ。緩急使いながらいくんですけども、悪くなるともうスライダー系統に頼り過ぎる。ですからスピードが一定・変化がないですからバッターも打ちやすい。ですから悪い時でもカーブをうまく使いながら緩急をつけることによって、タイミングを外すってことでしょうね」

——右の先発投手としては期待した野村投手

ぺいさん「右の順番で言うと大瀬良がいて、もう野村がくるわけですから、しっかりとローテーション守ってもらいたいですよね」

九里亜蓮

——印象は

ぺいさん「いつも全力投球、ですから先発タイプというよりは、中継ぎタイプなのかなと。先発の場合であれば徐々に調子を上げていって、ある程度長いイニング放る。で、九里の場合は先発もしてますけどリリーフでもどんどんどんどん最初から飛ばしていけるピッチャーなんですよね」

ぺいさん「だからそれが長いイニングを放れないとか、偏った攻め方してますから、もう少しね、先発であれば力を80%90%にして、遊び球を使いながら、やはりココっていうところでは偏ったピッチングもいいですけども、やはり先発の場合はうまくコンビネーションを使いながら、投げてもらいたいですよね」

広島ホームテレビ [27日] みみよりライブ 5up!(ごーあっぷ) より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ