カープ井生スコアラーが交流戦の戦い方を分析、キーマンは菊池&西川【元気丸】

[2019年6月 カープ関連 テレビ放送]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” で交流戦直前特集が放送。カープ井生崇光スコアラーが戦い方を分析。

カープ井生スコアラーが交流戦の戦い方を分析

――パ・リーグの印象は

井生スコアラー「投手力もいいですし、もちろん打力もいいですし、思った以上にやっぱり盗塁の数が多いなというイメージがありますね」

井生スコアラー「ガチンコ勝負というイメージはありますね。アウトになってもいいからスタートを切らせる。積極的な走塁が多い球団が多いと思うので、走られることを常に想定して、バッテリーの中でピッチャーも投げるタイミングを変えることだったりとか、ボールを長く持つとか、いろんな工夫をしながら対策はしていきたいと思います」

パ・リーグ投手

井生スコアラー「パ・リーグのピッチャーは、とにかくストレートで押すというイメージがありますね。あとは力のブレーキの効いたカーブと、あとはタテの変化のフォークですね。タテの変化を使うピッチャーが多いなという印象ですね。セ・リーグの戦い方というか、攻め方とはちょっと違った攻めをしないと難しいのかなと思います」

交流戦のキーマン

井生スコアラー「キーマンになるのは菊池と西川なのかなと。やっぱつなぐ役割の選手がしっかりとつなぐことができれば、打線として機能するのかなと、いう風に自分は考えてますけど」

【次ページへ】 西武・ソフトバンクの戦力分析

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す