北別府学の週刊 GO up!初交流戦の床田&山口【5up!】

[2019年6月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。初の交流戦となる床田寛樹&山口翔投手をぺいさんが解説。

北別府学の週刊 GO up!初交流戦の床田&山口

床田寛樹

——ここまでの状態・印象はいかがでしょう

ぺいさん「状態は悪くないと思うんですが、このところほとんどが3連戦の頭で投げてきてるわけですね。そうすると相手も良いピッチャーと当たりますんで、最初の頃っていうのは床田の時はかなり点が入ってましたけども、最近ちょっと点が、なかなか味方が点を取ってくれないっていうことで、厳しいピッチングになってるんですけども」

ぺいさん「従来の右バッターに対しては、インサイドへカットボール。率から言うと左の方が悪いんですよね、その辺りは逆に左を意識しながらインサイドを多めに放るっていうことで、だいぶ改善はしてきてると思うんですけどもね」

——パ・リーグの選手と対戦、どういうことに注意していけばいいでしょう

ぺいさん「セ・リーグのバッターに比べるとパワーがありますので、内外角しっかり投げ分けないと、ちょっと甘い球だと放り込まれる。振り切ってきますから、パ・リーグのバッターっていうのは。そういう意味ではしっかりと低めを突いたピッチングをしてほしいですよね」

——梅雨時期が近付いてきますが、ここはいかがでしょう

ぺいさん「ローテーションが雨で流れたりすることもあると思うんで、その辺りはやっぱりしっかりと負荷をかける、練習でピッチングを多めにしたりして負荷をかけて肩が軽くならないように、やっていかなきゃいけないでしょうね」

——肩が軽くならないように、というのは

ぺいさん「軽いとボールが浮いちゃったりしますんでね、その辺りをしっかりと肩に負荷をかけておいて、コントロールの乱れが多いですから、軽いと。その辺りですね」

山口翔

ぺいさん「ひとことで言うと怖さを知らない。まだ1軍に上がって投げて1点も取られてないんですね。ですからこの間のピッチングなんか見ると、やはり上半身と下半身のタイミングがうまく合ってますんで、しっかりと上の方から腕が振れる。スライダーとか真っ直ぐもそうですけども、フォークボールもありますんで、結局ヤクルト、データも少なかったんでしょうけども、やっぱりちょっと絞りきれなかったっていうところあるでしょうね」

——交流戦というところに関しては

ぺいさん「床田と一緒でですね、低めを丁寧に突いて、もう高めと低めはハッキリ、高くするんだ低くするんだっていうことを、自分の気持ちの中で決めて放っていかないと、中途半端にいくと長打っていうのがありますんでね」

広島ホームテレビ [3日] みみよりライブ 5up!(ごーあっぷ) より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ