週末のカープ戦・交流戦巻き返しのポイントを山内さんが解説【プライムニュース】

[2019年6月 カープ関連 テレビ放送]

テレビ新広島 “TSSプライムニュース②” にカープOB・プロ野球解説者の山内泰幸さんが出演。週末のカープ戦と、今後の交流戦のポイントを解説する山内さん。

週末のカープ戦・交流戦巻き返しのポイントを山内さんが解説

——昨日は打順を組み替え

山内さん「5月からしばらく3番・バティスタ、5番・西川で固定をしていたんですが、昨日は3番に西川、5番に會澤、そして7番にバティスタと、こういう風に組み替えてきましたよね。これはバティスタ選手が少し交流戦に入って不調だったところもあるんだと思うんですけど」

山内さん「こういった変わった選手、會澤はチャンスメイクと9回にタイムリーも打ちましたし、そしてバティスタ選手は2度のチャンスで2打点ですね、結果を出してくれました。ちょっと奮起しましたよね、バティスタ選手が。そして3番に入った西川選手が逆転のタイムリーといったところで、変わった選手が全てうまく結果を出してくれましたね、ハマりました」

——明日からはマツダスタジアム、DH がなくなるんですが、どう戦っていきましょう

山内さん「これまでのセ・リーグと同じ戦いですから、そんなに気にすることはないんですけども、センターに野間選手が入るのか長野選手が入るのか、そんなとこもちょっと気になりますね」

中村恭平

山内さん「昨日で17試合連続無失点という素晴らしいピッチング続けてるんですけれども、今はランナーがいてもいなくても、セットポジションからクイックモーションでね、早めのモーションで投げてるんですけど、これは大きく足の動きを上げるよりも、動きが少ない分ね、投球が安定すると本人も言ってましたし、プラス上半身を中心にちょっと鍛えたんですよね。そうすることによってバランス良くなって、MAX155km/h も出てましたよね」

山内さん「30歳になってから、こんなにスピードアップする選手っていうのは、なかなか私 見たことないんですけどね。9年目にして急成長ですね」

——先発転向はどうですか

山内さん「ボクもその可能性はどうかな、と思って本人に聞いたんですけど、今はリリーフにスゴく自分の力を発揮できてるので、今はこのままでいいという風に言ってますし、ボクもこのままでいいのかなという感じはしますね」

交流戦巻き返しのポイント

山内さん「ポイントはこちらです、中継ぎ投手陣の使い方ですね。今の先発は大瀬良とジョンソン以外なかなかちょっと計算できるピッチャーがいないんですよね。そんな中 好調な中継ぎ陣をどう使うかですね」

山内さん「中継ぎは中村恭平を始め一岡、レグナルト、フランスア、その他にも菊池保則投手や島内投手も良いですから、先発をどこで代えて、右左いますんでどのような選手の順番で使っていくかっていったところ、その辺りがポイントになってくるんじゃないのかなという気がしますね」

テレビ新広島 [17日] TSSプライムニュース② より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ