緒方監督の2019シーズン前半戦総括会見「勝負はこの夏場」投手・野手陣の課題や今後の戦い方も

[2019年7月 カープ監督談話]

10日、カープ×中日 公式戦(ナゴヤドーム)。試合前に行われた緒方監督の前半戦総括。

緒方監督が2019シーズン前半戦を総括

前半戦、チームとしての戦い

緒方監督「開幕、なかなか良いスタートが切れなかった中で、課題を修正して5月、ホントに良い戦いができたんですけど、6月の交流戦入ってから、やはり勝てない試合が続いて、現状この7月に入っても連敗が続いていると。現状そういった中で課題的なものがいくつも出てきてるんで、そこを修正して、しっかりと今後の勝負となる夏場に向けての戦いに向けてやっていかなくてはいけないなと、いう思いでいます」

投手陣の課題

緒方監督「まず投手の方から目を向ければ、やはり先発投手のところですね。どうしても1枚2枚足らないっていうところが出てきてますし、また中継ぎから抑えにいく中で投げる繋いでいく投手のところがなかなか決まりきれないっていうのが現状なので。そこをまず投手陣の形としては直していきたいと思いますし」

打撃陣の課題

緒方監督「打線の方で、やはり今年はちょっと得点力不足っていうところに陥ってるんでね。やはりこれも打線をなかなかしっかりと固定ができていないっていうのが現状で、そういった流れの中で、得点してもその後の中押しとかダメ押しとか、そういう1試合通じての攻撃、良い攻撃がなかなかできていないっていうのが現状なので。そこをまた打線の組み替え、ある意味ここから先、固定していくっていうのもある程度考えた中で、修正していこうというふうに思っています」

今後の戦い方

緒方監督「まだまだホントの意味での勝負はこの夏場ですし、今こうして連敗はしてますけど、最後まで自分たちの野球をやるっていうのをまずしっかりとしたそういう気持ちを持って戦うこと、また1つ流れが変われば、また良い方向にチームとしてはいけるというふうに思うんで、しっかりと目標を持って、見定めて、戦っていきたいというふうに思います」

RCCテレビ [10日] Veryカープ! RCCカープナイター「中日×広島」 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す