楽天へ移籍した下水流が思うカープの強さ「みんなが同じ方向向くっていうのがやっぱスゴい大事」カープファンへのメッセージも【Eスポ】

[2019年7月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” で前カープ下水流昂選手のインタビューが放送。下水流が考えるカープの強さや、ファンへのメッセージ。

楽天へ移籍した下水流昂が思うカープの強さ

——新しいチーム、もう慣れました?

下水流「そうですね、少しは慣れたかなと思いますけど」

——チームが代わったと感じたのはどんな時ですか

下水流「仙台行ったことっすかね。ホテル暮らしなんですけどね、今も。起きるたびにけっこうまだ思います😊 ここ仙台だなぁって感じです」

——下水流さんの考えるカープの良さ・強さをどこに感じてましたか

下水流「一体感はあったかな、とは思いますやっぱり。逆転が多かったんでね、ホントに諦めずにみんな戦ってたんで、それがひっくり返す要因ではあったかなと思いますけどね」

——諦めない野球、どの辺から出てきてるものだと思ってました?

下水流「それはみんなが作り出す雰囲気であったりとかね、1人じゃできないですからね。みんながそう思ってるから成し遂げられることだとは思うのでね。みんなが同じ方向向くっていうのがやっぱスゴい大事だな、とは思いますけど」

下水流「そんなね、力にはなれてないとは思いますけど、ホントにそれこそね、去年なら新井さんとかね、石原さんとか、あと今だったら小窪さんとかね、アツとかが今たぶん引っ張ってると思うんでね。ボクはそれになんとかやりやすいようにね、中間管理職としてしっかり、クッション材としてはなってたかなと思いますけど😊」

——カープで学んだことで楽天で生かしたいこと・役に立ってることってどうですか

下水流「ホント6年カープで野球を教えてもらいましたしね、それをすんなりなんとか楽天で、もちろんチームも違うし野球に対する考えも少し違うのかもしれないですけど、でもやってることは野球なんでね。全力疾走とかね、怠らずにやっていきたいなと思いますね」

下水流「やっぱ1番はチーム一丸で戦うチームがやっぱり1番強いと思いますんでね、みんな同じ方向向きながら、今まだ新しいチームで引っ張るとかそんな気持ちはまだないですけど、なんとか付いていってみんなで同じ方向向かって優勝目指してね、頑張っていきたいなと思いますね」

カープファンへメッセージ

下水流「なかなかホントに挨拶もできずに広島を去ってしまいましたが、でもホントに良い思いもさしてもらいましたし、もちろん悔しい経験もたくさんしましたし、だけどホント ファンの皆さんの暖かい声援があって6年半カープの選手としてやれたことをホントに誇りに思っています。また楽天イーグルスさんの方で精一杯やっていきたいと思いますのでね、ちょっと距離は遠くなりましたが、引き続きこっそり応援してもらえたら嬉しいなと思います、またよろしくお願いします。ホントに6年半、ありがとうございました」

RCCテレビ [20日] Eタウン・SPORTS より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ