【日刊】2014.04.29 雨降ってスコアボード固まる。広島vs阪神 4回戦 [26試合目]

雨の中、試合開始は30分遅れでスタート。

広島先発: バリントン、阪神先発: メッセンジャーで始まる。

日曜日の巨人を彷彿と、いや、それ以上の投手戦に。

バリントンは7回まで阪神打線に出塁を許さない完全ペース。

が、8回裏に福留がまさかのホームランを放ちメッセンジャーに完封を許す。

広島はランナーこそ出すものの、あと1本に泣く。

~ここまで試合概要~

 

寸評

バリントンと白濱のバッテリーは鉄板ですねもはや。

勝ち星を計算できる先発だと再確認。

攻撃では盗塁失敗x2、バスターでゲッツー、送りバント失敗と、結果だけ見ればミスが出ました。

が、しかし、首位であるということを存分に生かした多様な攻撃。

何をしてくるかわからないカープを印象づけたことがきっと生きてくる時が来るのでは。

ここまで首位を守っている采配、信じます。

DOW!! は明日ホームランで取り返したらいいんじゃ!

(木村昇吾スタメンは勘弁やで…)

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ