マツダスタジアムのファンの声援の効果とは、會澤「相手に与えてるプレッシャーはスゴい大きいと思う」【勝ちグセ。Carp TV】

[2019年7月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビのインターネット配信番組“勝ちグセ。Carp TV”でカープ會澤翼捕手のインタビューが放送。ファンの声援に「選手っていうのは助けてもらってます」と會澤。

ファンの声援の見えない効果、會澤翼

——マツダスタジアムの応援は本当に力になっているんだろうな、と外から見ていても感じる

會澤「何て言うんですかね、見えない力じゃないですけど、ボクらだけじゃなくてもたぶん相手にこう、あの声援っていうのはプレッシャー、与えてるプレッシャーっていうのはスゴい大きいと思うんで。ホントに見えない部分でね、選手っていうのは助けてもらってます」

——今シーズン、會澤選手は勝負強いバッティングが光っていると思うんですが、ご自身ではどう感じているんでしょうか

會澤「チャンスの場面で一歩、自分を引いて見るじゃないですけど、そこはやってますね。何しちゃいけない、準備っていうのもボクはスゴい大事だと思うので、ベンチにいる時、ネクストバッターズサークルにいる時、で打席に入る時、で打席ん中で。っていうその考え方を、大事にしてますね」

——心を熱くしながら一歩引いた視点っていうのは、どういう感じでもっていくのか想像がつかないんですが

會澤「ん~どうなんですかね、難しいっすね、ボクも自分で表現するのは難しいんですけど。そういう打席に立った時を、自分、なんかこう……前のめりになるんじゃなくて、ホントにこうお客さん目線というか、フフフ😊 ホントに」

會澤「こうしちゃいけないんだろうなっていうのも頭ん中でスゴく考えながら、もうホントにこう、表現としたらこう、ホントに一歩引いて自分を見るみたいな感じっすね」

——それが勝負強いバッティングを生んでいる、チャンスの場面 冷静でいられる秘訣

會澤「ん~まだまだなんですけどね。なんとかこうランナーが得点圏にいる時は、なんとかしてね、塁を進めるっていうことも考えてますし、打点だけじゃなくってね。そういうのも考えながらやってます」

——3連覇の中、点に繋がらなくても先の塁に進める、1点どうにかして取る、それがずっと徹底されている

會澤「それはやっぱりみんな思ってると思います」

——今さら何かを変えたわけではなく、それをやり続けている結果

會澤「だと思います。それがだから経験になってくるんだとボクは思います」

HOMEぽるぽるTV [29日] 勝ちグセ。Carp TV より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ