會澤翼、選手会長として話す言葉「チーム状況、選手の辛いところ見てますんで。ボク自身だけの言葉じゃないのかな」【勝ちグセ。Carp TV】

[2019年7月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビのインターネット配信番組“勝ちグセ。Carp TV”でカープ會澤翼捕手のインタビューが放送。主力だった選手が抜け、選手会長としてチームをまとめる會澤の言葉とは。

會澤翼、選手会長として話す言葉

——新井さんが辞めて、丸選手がいなくなって、チームにとって大きな変化を迎える中で、會澤選手にいろんな負荷・役割が増えていろんな影響があったのかな、と

會澤「新井さんだったり丸っていうのはもう、いなくなってしまったのを追い続けても仕方ないと思いますから、そこはもう割り切ってやってますし。大して負荷とはあんまり考えてなくてですね。与えられた仕事だと思ってますから、そこはもう割り切ってやってますし苦でもないですし。プレッシャーはありますけど、そこは割り切ってやってます」

——4月スタートダッシュに失敗、會澤選手がヒーローになられたヒーローインタビュー“選手たち誰1人諦めていません”。あの言葉はチーム内外に向けて宣言されている印象もあったんですが

會澤「あんまり深くは考えない方がいいのかな、とは思いますけど😊 けどまだ4月でしたし、そこはね。ちょっとでも選手の誰かが感じ取ってくれればいいかな、とは思いましたけど」

——會澤さんの言葉の力、ファンに響いていますしチームに良い影響を与えているのかな、と

會澤「そのチーム状況だったり、選手の辛いところとかもボク見てますんで。ボク自身だけの言葉じゃないのかなっていう感じはします」

——チーム全体の雰囲気を選手会長として共に過ごしながら、いろんな人の思いを代弁して自然と出てきている?

會澤「ん~、が1番大きいのかなっていうふうに思います」

——あの試合から風向きが変わった

會澤「やっぱ野球っていうのはそういうところがあると思ってますんで、何か良いきっかけが見つかれば、ホントに変わるスポーツだと思ってますから。それが良い方にも悪い方にも出るのが野球だと思ってますんで。だからホントに選手は気を引き締めてやってますし、諦めないでやってるんで。それが良い方向に向けるようにボクはなんとかプレーでもプレー以外でもやっていくだけだと思ってます」

HOMEぽるぽるTV [29日] 勝ちグセ。Carp TV より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ