ドラフト5位 西川龍馬内野手インタビュー「東出さんの指導も頂きながら、1軍で活躍できるような選手に」

26日、RCC ココスポで坂上俊次アナウンサーによる王子製紙ドラフト5位 西川龍馬内野手の直撃インタビューが放送されました。

ドラフト5位 王子製紙 西川龍馬内野手インタビュー

――ドラフトはどんな思いで見ていた?

「自分はずっと部屋でケータイで速報を見てたっていう形なんですけど」

――ああいうのってみんなでテレビ見ながら…?

「いや、テレビが…ちょっと映らなかったんで。そこは自分のケータイでずっと速報で見てたんですけど、正直少し諦めてた部分っていうのがあって。こう、流れを見て『あ、今年無理かな』と思ってたところでカープ5位で指名して頂いたんで。そんときは凄くホッとしたっていうのが一番でした」

――個室で一人?

「はい、一人で」

――そういう時って食べもの食べながらとか?

「いや、もうずっとケータイとにらめっこっていうか、ずっと見てるだけでした。」

――一人で「やったー」と言うわけにもいかず?

「もう普通にそん時は『あ、掛かった』っていうぐらいで。最初知ったのは友人からのLINEで。まぁそっちの方が早かったんですけど。それで知って」

――けっこうカープに縁・思い入れがある?

ボクのおじいちゃんとお父さんが元々、広島ファンで。そういうのもあって凄いおじいちゃんとお父さんが喜んでたんですけど」

――カープはどんなチームって聞いてる?

「元々、おじいちゃんとお父さんが広島に小っさい頃住んでて。で、そういうのもあってたぶん広島が好きっていうのもたぶんあると思うんですけども」

――家族の喜びようは?

「すぐ電話も来て、おじいちゃんからも電話来て『おめでとう』っていう電話は来ました」

――おじいちゃんはカープについて何か?

「いや、特に何も言ってなかったんですけど、『これから頑張れ』っていうのは言われました」

――プレーについて、自身の強みは?

「自分はこれといったインパクトはあんまりないんで、3拍子バランスが取れてるっていうか。そういうとこ、プロに行っても売りにしていきたいなとは思ってます」

――無駄な動きが少ないのは何か意識している?

「社会人入ってからはずっとコーチの方にも『無駄な動きをなくしていこう』っていうのはずっと言われていて。それをけっこう取り組んでいたので、そのへんがけっこう生きてきているのかな?って思います」

――目標に高校の先輩、東出さんを挙げていたが、今後どういうところに取り組んでいきたい?

「やっぱり大先輩がいるチームで、これから行くんで。そこは東出さんの指導も頂きながら、しっかりこう1軍で活躍できるような選手になっていけたらな、とは思ってます」

26日 RCC ラジオ 「ココだけスポーツ&ニュース」より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ