遠藤「マウンドに上がってる以上は自分がエースだと思って」打たれて降板した夜には大瀬良からメールをもらう【フロントドア】

[2019年8月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ遠藤淳志投手のインタビューが放送。先発ローテーション入りを目標に「いずれかはカープを代表とする投手になれれば」と遠藤。

打たれて降板した夜、大瀬良からメールをもらった遠藤

8月4日、1アウトしか奪えず降板

遠藤「その日の夜に大地さんからメール来て。『打たれても経験だし、だから打たれたことを無駄にせずに、これから一緒に頑張っていこう』っていうふうに」

——それを見た時にどういうふうに感じました?

遠藤「正直嬉しかったです」

大瀬良「ボクがまだ年数が若い時は、そういうふうに上の先輩から色々声を掛けてもらって、また次 頑張ろうっていうふうに思えたので。そういうふうにやってもらったことを、下の子たちに同じようにやっていくっていうのも、やっていけたらなっていうふうに思ったんで」

先発ローテーションを狙う遠藤淳志

遠藤「今は中継ぎとして使ってもらってるんですけど、いずれは先発でローテーションに入れるような、そういうピッチャーになれればいいかなっていうふうには思ってます」

——そのためにはここからどういうことが必要になってくると思いますか

遠藤「やっぱり技術面もそうですけど、やっぱり気持ちが1番大事かなっていうふうに思いますね。マウンドに上がってる以上は自分がエースだと思って、しっかり投げるしかないっていうふうには思ってるんで、ずっとそう思ってやってきてたので、いずれかはホントにカープを代表とする投手になれればいいかなっていうふうには思います」

広島ホームテレビ [17日] フロントドア より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す