北別府学の週刊 GO up!左右のリリーフ中村恭平&菊池保則【5up!】

[2019年9月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。左右のリリーフ中村恭平&菊池保則2投手をぺいさんが解説。

北別府学の週刊 GO up!左右のリリーフ中村恭平&菊池保則

中村恭平

——飛躍の1年になっていると言ってもいい

ぺいさん「そうですね、早くから期待されて、ベンチとしては使ってましたけど、なかなかね、良くならないっていうことで。そういう意味で言うと今年は大変身ですよね」

——具体的に変わった点は

ぺいさん「やはりコントロール。球も速くなりましたよ、キレも良くなったしスピードも上がったんですけども、コントロールが良くなった。見てるとリズムが全く一緒ですよね、どんな変化球放るにしても真っ直ぐにしても。そのタイミングと、以前はリリースポイントがまちまちなもんですから、ボールが暴れる。ですからボール先行して自滅していくっていう」

ぺいさん「だから今年に関してはちょっと夏場は高めにちょっと浮いてましたけども、低めにかなり良い高さに来てましたし、右バッターのインサイドへコースをきっちり放ってましたよね。そういう意味ではやっぱりホントにタイミングと離すボールの位置が全く同じようにできるようになったんで、これだけのコントロールが出てきたんでしょうね」

——これからの戦いに重要な存在になってくる

ぺいさん「まだまだゲームもありますし、CS というのも頭に入れるとですね、左がなかなかいなかった中でこういう働きをしてくれる選手がいると、ベンチとしては頼もしいですよね」

菊池保則

——チーム・本人にとって大きなシーズンになっている

ぺいさん「そうですね、パ・リーグのピッチャーからするとですね、タイプ的にコントロール・変化球で勝負するタイプなんで、なかなかパ・リーグではパワーピッチャーが多い中で、結果が出なかったんだと思いますね。だから見るからにセ・リーグ向きのピッチャーですよね。そういう辺りをしっかりとトレードの時に調べて、1番セ・リーグに合うピッチャーをもらったんでしょうね」

——四球を出す心配もない

ぺいさん「そうですね、それと先発してましたからかなりタフですし、回跨ぎでも大丈夫ですし、やはり四球で崩れるってことがないんでね。そういう意味ではやっぱり左の中村、そして右の菊池っていうのはね、ホントに今後まだまだ期待できるピッチャーですよね」

広島ホームテレビ [2日] みみよりライブ 5up!(ごーあっぷ) より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す