トミー・ジョン手術から6ヶ月半、高橋昂也の現在「リハビリの生活も後半がさしかかってきた」【アラカー】

[2019年9月 カープ選手インタビュー]

FM広島 “キムラミチタのアラウンドカープ” でカープ高橋昂也投手のインタビューが放送。トミー・ジョン手術から6ヶ月半、リハビリの現状を明かす高橋昂。

トミー・ジョン手術から6ヶ月半、高橋昂也の現在

——現在のケガの状態はいかがですか

高橋昂「まぁ、まぁ、だいぶキャッチボールとかもできるようになってきて、良い順調で進んでると思います」

——キャッチボールはいつぐらいからできるように

高橋昂「最初は 15m ぐらいからのスタートで、2ヶ月ぐらい前。1ヶ月か2ヶ月ぐらい前だったんですけど、だいぶだんだん距離が伸びてきて、今 45m まで 6~7割の力で投げてるんですけど、それぐらいは来たんで、リハビリの生活も後半がさしかかってきたかなという感じですね」

——左ヒジの故障、診断が出た時にどんな心境だったんですか

高橋昂「元からやっぱあった持病みたいなのっていうかあったので、いつかはやるだろうなとは思ってたんですけど。それが痛かったらやっぱどうしようもないので、しょうがないなっていう気持ちでやりましたね」

——手術はやっぱり痛いもの?

高橋昂「いや、全身麻酔なんで、痛くはなかったです」

——寝て起きたら

高橋昂「もう手術台の上でした」

——しっかりこれから投げれるようになっていきたいですよね?

高橋昂「そうですね、はい。試合とか見てたらもう、投げたくてしょうがないっていうのはやっぱありますね。まだまだ自分の力を出し切れずに、出し切れずにっていうところが多かったので。もう次 上がる時は絶対にもう自分の力を出し切るっていうのが目標にして、っていうのはやってますね」

広島FM [2日] キムラミチタのアラウンドカープ より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ