シーズン残り11試合、山内泰幸さんがポイントを解説【プライムニュース】

[2019年9月 カープ関連 テレビ放送]

テレビ新広島 “TSSプライムニュース②” にカープOB・プロ野球解説者の山内泰幸さんが出演。残り11試合となったシーズンのポイントを山内さんが解説。

山内さんがシーズン残り11試合のポイントを解説

長野久義

——キーパーソンに挙げていた長野選手の活躍が目立っていると思うんですが

山内さん「9月に入って全てのゲームでね、先発出場してる中で、5試合連続のヒットですよね。そして2試合連続のタイムリーと、9月に入って打率が .346 と絶好調ですよね。長野選手らしくね、積極的に振っていく中ね、ストレートは右方向へ、変化球はレフト方向へとね、そういう感じで調子も良さそうですし、ファインプレーも出てますし、こういったところを見ても体がね、よく動いてますね」

クリス・ジョンソン

——昨日はジョンソン投手が中4日で登板、安定していましたね

山内さん「そうですね、彼 元々ね、夏場に強いピッチャーなんですけども、昨日のゲームも中4日の登板でちょっと心配だったんですけども、その心配は全く無用でしたね。タイガースがですね、足で揺さぶりをかけてくるんですけども、こういうふうに落ち着いてプレーすることができてましたし、24イニング連続これで無失点、継続中なんですけども、これでチームトップの11勝目ということで、やっぱりこういうふうに中4日で投げてくれるピッチャーがいるっていうのはありがたいことですね」

菊池保則

——バッターで注目、長野選手でしたけども、ピッチャーはどうです?

山内さん「唯一ですね、リリーフ陣で一度も2軍のほうに落ちてない菊池保則投手ですね。もう彼の奮闘には期待してるんですけど、これからもね、残りも頑張ってもらいたいといったところで。昨日のゲームで節目となる50試合の登板を達成したんですけども、やっぱり勝ちパターンで定着してくれてますし、勝ってる試合をしっかり勝ちきるために大事なピッチャーだと思いますので、残りの11試合でもしかしたらビハインドでもね、投げてもらうこともあると思いますんで、しっかり体調を整えて頑張ってもらいたいですね」

——残り11試合、明日からはドラゴンズ3連戦。ドラゴンズは首位ジャイアンツと2位ベイスターズに6連勝して波にのっていますね、今

山内さん「そうなんですよね、中でも右バッター、特に福田選手とビシエド選手、こういった2人が絶好調なので、明日からの連戦は要注意ですね」

テレビ新広島 [9日] TSSプライムニュース② より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す