バッティング大好き床田「(初打点)内心はめちゃくちゃ嬉しかった」先輩・野間のバットで達成【勝ちグセ。Carp TV】

[2019年9月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビの無料インターネット配信番組“勝ちグセ。Carp TV”でカープ床田寛樹投手のインタビューが放送。今シーズンの振り返りや、大好きだというバッティングの話を繰り広げる床田。

バッティング大好き床田寛樹、今季の振り返りなど

今シーズン

——まだシーズン続きますが、これまで振り返ってどのように感じていますか?

床田「最初4月でけっこう勝たしてもらったんですけど、それ以降 全然勝てなくて。やっぱり他のチームの対応力とか、前まで通用してたのがやっぱり通用しないっていうのがあったんで、やっぱり1軍の選手のレベルの高さっていうのは、感じましたね」

——感じた中で、何か変えていったもの、あるんですか

床田「いや、特に変えたりはしなかったんですけど、でもそのフォームというよりはその何て言うんですかね、間をちょっと変えてみたりとか、長く持ってみたりとか、そういうのはするようにはなりました」

先発ローテーション

——プロ入り初めて、シーズン通してローテーションを守っている今シーズンだと思うんですが、守り続けるっていうのは難しさ、感じましたか?

床田「最初はけっこう中6空いて、けっこう自分のやりたいことをやったりとかできたんですけど、途中からやっぱりなんか疲れが溜まってきて、疲れがとれないとか、ベストなコンディションで試合に臨めるっていうのがあんまりなくなってきたんで。やっぱり1年間・何年もずっとローテーション守ってるピッチャーっていうのはやっぱりホントにスゴいな、っていうのは思いました」

——暑さも身体にくるな、って思ったりしました?

床田「暑いんで、やっぱ練習とかやっぱりちょっとタレちゃったりとかもあるんですけど、1軍でずっとやってる人たちはやっぱりしんどいそぶりっていうのを見せないんで、やっぱりそういうのはやっぱり見習いたいな、とは思います」

——特にチームの中で見習っている・背中を見ている先輩は

床田「は、大瀬良さんです」

先輩・大瀬良大地

——大瀬良さんとはけっこう話したり

床田「けっこうどういう調整法してるんですか?とか、疲れをとるためにどういうのしてますか?とか、いろいろ聞きます」

——具体的にどんなことを

床田「交代浴してみたりとか、治療、マッサージとかの受ける回数を増やしてみたりとか、あとは水分をしっかり摂るっていうのを教えてもらって。もともとボクあんまり飲まなかったんで、それで足が攣っちゃったりとかけっこうあったんで、それでけっこう飲むようにはしてます」

——1試合登板する中で、どのぐらい飲まれるんですか

床田「登板までに、何リットルとか決めてないですけど、極力飲んで。試合中は最低3リットルぐらいですかね、試合中に飲みます」

——3リットル、やはりけっこう飲むんですね

床田「けっこう、その分やっぱり汗で出ちゃうんで。それでも試合終わったらやっぱ体重が減ってたりとかするんで」

【次ページへ】 左肘手術を経て

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す