【挨拶全文】エルドレッドさんが引退セレモニー「優勝したときの歓喜の輪で涙したファンの皆さんを一生忘れません」鈴木誠也が花束贈呈

[2019年9月 カープ引退セレモニー]

15日、試合後にブラッド・エルドレッドさんが引退セレモニー。広島を愛し広島に愛されたエルドレッドさんの挨拶。

エルドレッドさんが引退セレモニーで挨拶

エルドレッド「ありがとうございます。広島に戻ってきて、嬉しいです」

エルドレッド「西村さん(通訳)、お願いします」※以下西村通訳

エルドレッド「最初に私のために引退セレモニーが開催されると聞いて、まず西村さんのヘルプがないと出来ないと思いました。西村さんと松長さんは私が日本に降り立った最初の日から、いつも一緒でした」

エルドレッド「初来日した時は言葉も分からず、何をどうしていいのかも全くわかりませんでした。この2人がどれだけ外国人選手にとって重要な存在なのかは、あまり知られていないです。この2人は私の通訳でもあり、先生でもあり、コーチでもあり、あらゆる役割を果たしてくれました」

エルドレッド「今 私はこの2人を素晴らしい友人と呼べることが、本当に喜べ嬉しいです。どれだけ感謝しているか、わかっているかどうかはわかりません、ありがとう」

エルドレッド「引退セレモニーの開催の招待を受けたとき、最初に私の脳裏によぎったのは同じように引退セレモニーをされた、数々の名プレーヤーたちのことでした。いつも引退選手の引退セレモニーを見ていて、グラウンドの中心に立ち、皆さんに感謝を延べ、野球人生を終わることができるなんて夢のような話だと思っていました」

エルドレッド「私が同じような名誉あるセレモニーができるなんて、想像もしていませんでした。私は今ここで私と私の家族をここへ連れてきてきてくれた、私の夢でもあった引退セレモニーで皆さんに感謝の気持ちを伝える場所を与えてくださったカープ球団・松田オーナーに感謝します」

エルドレッド「カープに在籍した7年間で、私と家族は数々の思い出を作ることができました。球場で、そしてプライベートで、素晴らしい人々と出会い、友人関係を構築することができました。広島の街に暖かく迎え入れられ、出会った多くの人たちが広島を故郷のような街にしてくれました。広島で暮らしたこと、家族を育てたこと、そして世界一のファンの前で野球ができたことは私たちのかけがえのない財産です」

エルドレッド「私の母と父はこのセレモニーのためにアメリカから駆けつけてくれました。両親が野球を教えてくれ、そして皆さんの前で野球選手としてプレーできたのも、あなたたちのおかげです。あなたたちは私のために世界中を一緒に旅し、あなたたちの人生を犠牲にしてまで、私の夢を一緒に追いかけてくれました。私の人生をいつもサポートしてくれ続けました。どれだけ感謝してもしきれません。愛してます」

エルドレッド「妻へ。あなたはここまでずっと一緒に過ごしてくれました。毎シーズン、1試合1試合私のそばで一緒に駆け抜けてくれました。あらゆる成功や失敗にも常にそばにいてくれときにはアドバイスをときにはモチベーションをときには私のおしりをたたいて励ましてくれました」

エルドレッド「野球のことを理解してくれ時にはバッティング練習の手伝いまでしてくれた。あなたを妻に持てて本当に幸運です。感謝しなければならないことをリストアップするのは至難の業です。野球選手の妻としてわれわれ家族のためにしてくれた数多くのこと。あなたはいつも私に尊敬の念を持って接してくれました。しかし、本当は私のほうがあなたのことを尊敬しています。芯の強い妻そして、母として私たちの野球人生を乗り切れたことを感謝します」

エルドレッド「そして、4人の美しい子どもたちを授かりまた、彼女たちにも私が野球をしていた姿を見せられたことを感謝します。本当に愛しています、ありがとう。今までの歴代の監督、コーチそして現監督、現コーチの方たちへ。いつもよく接してくれ勇気づけてくれてそして、私がチームのために何をしたらいいのかというモチベーションを与えてくださったことに感謝しています」

エルドレッド「私のチームメートである兄弟たちへ。いつも私を輪の中に加えてくれてよくしてくれました。あなたたち以上のチームメートはどこにもいません。みんなと一緒に3連覇できたこと今まで一緒に戦ってきて一緒になしえたすべてのことを誇りに思います。何事にも一生懸命取り組んできたことすばらしい関係ができたこと。そして、何よりみんなとしたビールかけ」

エルドレッド「これからもみんなにすばらしい成功があることを祈りこれからは、観客席からみんなをサポートしていきます。とにかくフィールド上での一瞬を大切に楽しんでください。そして、全力を出し切ることを忘れないでください。裏方を含めた球団職員の皆さん。皆さんが、この7年間私のためにしてくださったすべてのことに感謝します。本当にありがとうございました。皆さんは表に立ったり表で目立ったりしない存在ですが選手たちが野球に専念できる環境を整えていてくれることに私は決して忘れません。ありがとうございました」

エルドレッド「そして世界一のファンの皆さんへ。この7年間の温かいサポート本当にありがとうございました。応援歌を作って演奏してくれたこと。数々のプレゼント。家族とも暖かく接してくれたこと。そして、試合の最後まで私たち選手を信じ最後まで諦めずに応援してくださったこと。私はこれからもスタンドの皆さんの笑顔55番のユニフォーム姿。そして3年前、優勝したときの歓喜の輪で涙したファンの皆さんを一生忘れません、ありがとうございました」

J SPORTS 1 [15日] プロ野球2019 広島×東京ヤクルト(9/15) より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す