野村謙二郎さん監督時代の赤松エピソード「『使ってください』って部屋に来たの赤松だけだった」ほかにはHRキャッチやサイン間違い【元気丸】

[2019年9月 カープ関連 テレビ放送]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” にカープ前監督・プロ野球解説者の野村謙二郎さんが生出演。引退会見を行った赤松真人選手とのエピソードを野村さんが披露。

野村謙二郎さんが監督時代の赤松エピソードを披露

野村さん「ホントにね、あれだけの大病をしてあんなに明るくね、引退会見。強いですね。ボクはね、赤松とはまずスパイダーキャッチ、あれもスゴかったんですけども」

野村さん「もう1つはですね、チームが元気がない時に『誰か気持ちの入った選手、オレのとこに言って来い』と。で、東京ドームだったと思うんですけども、その時にボクの部屋に来て『ボクは気持ちあります、ボクを使ってください』ってボクの部屋に来たの赤松だけだったんですよ」

野村さん「スゴくね、ボク自身も勇気づけられましたし、嬉しかったですね。それと同じ東京ドームでですね、1番でスタメン使った時に、ノースリーからホームラン打ったんですね。ノースリーからホームラン打って、赤松はガッツポーズしてよっしゃ~って二塁を回って三塁のベンチを見た時に、みんなが喜んでないので、ノースリーから打てのサインじゃなかったんだなと、その手を見てる時はね、スゴく印象に残ってますけども」

野村さん「今日ホントに中止になって残念なんですけども、27日の日はとにかくたくさんの人が応援してあげてですね、選手を送り出してあげてほしいなというふうに思います。ホントにお疲れさまでした」

広島テレビ [22日] 進め!スポーツ元気丸 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す